トップ > 社説・春秋 > 記事

春秋

2016/7/2 3:30
共有
保存
印刷
その他

 70歳を迎えたシンガー・ソングライター、吉田拓郎さんがこの秋、2年ぶりのコンサートを開くそうだ。昔風に言うなら古希のステージである。「人生七十古来稀(まれ)なり」。杜甫が詠んだ詩にちなむ言葉だが、往時はその年まで生きる人などほとんどいなかったのだろう。

▼ところが昨今では拓郎さんみたいな大ベテランが、あちこちで活躍中だ。若いころに世に出て、半世紀も現役として表舞台に立ち続ける。そういう人生が珍しくなくなったのは、もちろん寿命が大きく延びたおかげである。70歳の拓郎さんがギターをかき鳴らし、激しくシャウトする姿をかつて、だれが想像できたことか。

▼総務省が発表した2015年国勢調査の抽出速報によると、総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は26.7%に達した。少子化と人口減のなかでシニアばかり目立つわけだが、元気で意欲的な人が増えるなら高齢化社会にも希望が持てよう。女性で74.21歳、男性71.19歳という「健康寿命」を、まず伸ばすことである。

▼調べてみたら井上陽水さん67歳、中島みゆきさん64歳、ユーミンも62歳とみなさんよい年だが、まるで老けこんだ感じがしない。海外ではボブ・ディランさん75歳、ミック・ジャガーさん72歳で相変わらずカッコいいのだ。年齢なんてラララ ラララララ……。拓郎さんの曲をもじって口ずさみ、胸を膨らませるとしよう。

春秋をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報