奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

広がる「即時お届け」 スマホで誰でも買い物代行 (三浦茜)

(1/2ページ)
2016/6/3付
共有
保存
印刷
その他

 米サンフランシスコ発のファッションブランド、エバーレーンのサイトでは商品の発送方法を3つから選べる。4~8日かかるスタンダード、2日のエクスプレス、そして1時間お届けだ。

ポストメイツの注文画面(写真左)。届けてくれる人の顔写真と現在地が表示される(同右)
画像の拡大

ポストメイツの注文画面(写真左)。届けてくれる人の顔写真と現在地が表示される(同右)

 筆者も試したところ、注文後30分ほどで手元に届いた。急にギフトを用意することになったり、お呼ばれしてシャツが必要になったり。ファッションのジャンルでの1時間お届けのニーズは高くないかもしれないが、斬新な取り組みである。

 このお届け部分を担うのは、同じくサンフランシスコ発のスタートアップ、ポストメイツだ。スマートフォン(スマホ)と全地球測位システム(GPS)を活用して、どんなものでも1時間で届けられる配送網を整備している。

 2011年創業のポストメイツは表向きは食事の宅配サービス。ポストメイツのサイトまたはアプリから、自分が食べたいレストランとメニューを選んで注文。すると、レストランの近くにいる同社の配達員がお店に行って受け取り、自分のもとに届けてくれる。

 配送料は3.99ドルから。現在200を超える都市でサービスを展開中で、月間配達数は100万件を超えるという。

 著者もよくランチタイムに活用している。自分でランチを買いにいく時間がない時はもちろんのこと、少し離れたレストランのメニューを試すことができ、ランチのバリエーションが広がる。

 配達の様子はウェブやアプリで確認できる。配達員の顔写真と名前、また配達員がいまどこにいるのかが地図上にリアルタイムで表示される。あと何分で届くか配送予測時間も確認できるので、気をもむこともない。

 ポストメイツは2万5000人の配達員と契約している。スマホを持っていて、一定の選考プロセスを経て問題ないと判断されれば誰でも配達員になれる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ネット通販の宅配逼迫 「送料無料」の功罪
(村山らむね)

 宅配業界が逼迫している。翌日配送をうたう大手で注文しても、翌日に届かず、翌々日になることも多くなってきている。確実に歪みが生じ始めている。一番利益を享受しているのは我々消費者であり、かつ、この宅配と…続き (4/23)

ORSOのドローンはリモコンにスマホをつけ、アプリで操縦方法を楽しみながら学ぶことも可能

商機はこれから ドローン飛び交う時代の新サービス
(藤元健太郎)

 災害調査やビジネスの空撮などで小型無人機(ドローン)の商用利用が本格化している。今後はビジネス利用にとどまらないだろう。未来のコンセプトかと思われた米アマゾン・ドット・コムのドローン配送に関し、昨年…続き (4/16)

検索もSNSから デジタルネイティブの利用法
(徳力基彦)

 インターネットが普及して20年たつと、若い頃からネットがあるのが当然という世代が増えてくる。特に1990年代以降生まれは、ミレニアル世代やデジタルネイティブと呼ばれることも多い。そんなデジタルネイテ…続き (4/9)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月24日付

2017年4月24日付

・キヤノンMJ、監視カメラで営業支援 小売店向け、売り場作り提案
・NEC、顔認証で中小開拓 販売支援100人配置
・リコー、温暖化ガス排出を50年までに「ゼロ」に 長期目標策定
・日立建機、鉱山機械の部品販売に遠隔監視データ活用
・日通、「ハラル物流」強化 福岡で認証取得、東西に拠点…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト