奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「誰でも発信時代」の功罪 報道への視線厳しく (徳力基彦)

(1/2ページ)
2016/5/13付
共有
保存
印刷
その他

 熊本で発生した一連の地震から1カ月が経過しようとしている。

「Youth Action for Kumamoto」はSNSで給水所などの情報を集めた
画像の拡大

「Youth Action for Kumamoto」はSNSで給水所などの情報を集めた

 5年前の東日本大震災においては、偶発的にツイッターを中心としたソーシャルメディアの災害時の利用手法が注目され、実験的な試みがなされていた印象が強い。

 一方で、今回の熊本地震では、5年前に比べるとツイッターだけでなくLINEやフェイスブックなども、より多くの人々に普及している。ある程度、災害時におけるソーシャルメディア活用のメリットとデメリットが明確になってきた。

 崩れた住宅の下敷きになった家族がLINEで助けを求め命を救われた逸話や、ツイッターやフェイスブックをうまく活用した地域が多数の支援を直接得られることができたなどの話にも事欠かない。

 学生たちが立ち上げた「Youth Action for Kumamoto」は、フェイスブックなどで集めた情報を、グーグルの地図サービスに集約。給水所や避難所、炊き出しの場所を分かりやすく示して貴重な情報源となった。

 一方で、ソーシャルメディア上でのデマの拡散や、必要以上の物資が集まっても発言が広がり続けることなど、デメリットも再確認された。

 熊本地震とソーシャルメディアの関連として、特に目立った傾向を一つあげるとしたら、マスコミの報道姿勢に対する反発があげられるだろう。

 テレビ局のスタッフがガソリンスタンドの給油待ちの車列に横入りをしておわびをすることになったり、生中継のさなかに被災者とトラブルになったりと、様々な事例が話題になった。

 こうした騒動は、過去の災害報道においても発生していただろう。今回の熊本地震でこれほど注目されているのには、報道という行為自体がいわゆる大手マスコミだけのものではなく、誰でもできる行為になったことが大きく影響している。

 例えばガソリンスタンドの横入り問題は、その場にいた地元のツイッターユーザーによる写真付き投稿が発端となった。本人の想像を超えた反響があったためか、既にこの投稿は削除されているが、ピーク時には4万人を超える人が拡散に協力していたようだ。

 同様の現地の報道陣に対する問題提起は、ツイッターを中心に様々な形でなされており、それを一部のウェブメディアが積極的に取り上げることで、さらなる話題を呼ぶ構造になっている。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ネット通販の宅配逼迫 「送料無料」の功罪
(村山らむね)

 宅配業界が逼迫している。翌日配送をうたう大手で注文しても、翌日に届かず、翌々日になることも多くなってきている。確実に歪みが生じ始めている。一番利益を享受しているのは我々消費者であり、かつ、この宅配と…続き (4/23)

ORSOのドローンはリモコンにスマホをつけ、アプリで操縦方法を楽しみながら学ぶことも可能

商機はこれから ドローン飛び交う時代の新サービス
(藤元健太郎)

 災害調査やビジネスの空撮などで小型無人機(ドローン)の商用利用が本格化している。今後はビジネス利用にとどまらないだろう。未来のコンセプトかと思われた米アマゾン・ドット・コムのドローン配送に関し、昨年…続き (4/16)

検索もSNSから デジタルネイティブの利用法
(徳力基彦)

 インターネットが普及して20年たつと、若い頃からネットがあるのが当然という世代が増えてくる。特に1990年代以降生まれは、ミレニアル世代やデジタルネイティブと呼ばれることも多い。そんなデジタルネイテ…続き (4/9)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月28日付

2017年4月28日付

・プログラミング技術高い学生、面接行くと支援金 ギノ、IT企業の採用後押し
・旭化成 深紫外線LEDで殺菌 窒化アルミニウム活用
・メタウォーター、カンボジアで省エネ設備 浄水場ポンプの消費電力削減
・三井化学、化学品製造に使う触媒酵素、社外向けに開発
・ALSOK、水害時の避難を支援 介護施設の計画づくりや訓練…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト