トランプ氏、中国けん制 台湾総統と電話協議
断交後初、経済政策主導権狙う

2016/12/4 2:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 【ワシントン=吉野直也】トランプ次期米大統領は2日、台湾の蔡英文総統と電話で協議した。米大統領や次期大統領と台湾総統のやり取りが公になったのは1979年の米台断交以来初めて。台湾を国家として認めない中国をけん制し、経済政策を巡る中国との駆け引きで主導権を握ろうとする思惑が透ける。ただ、中台関係の悪化などのリスクとも隣り合わせで、トランプ氏の外交手法は内外に波紋を広げそうだ。

 「私の当選祝いのため…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 21:30
21:30
北陸 6:32
6:25
関西 22:49
22:47
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
21:38
21:37

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報