トップ > 社説・春秋 > 記事

社説

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

受験偏重教育を変えるのは今だ

2013/11/4付
共有
保存
印刷
その他

 「いい大学」を目指して小中学校のころから受験勉強にいそしみ、晴れて合格すればそこで人生における「学び」は終わる――。

 日本人は長い間、こういう学習モデルを当然のように受け止めてきた。しかもその入試はもっぱらペーパーテストによって知識を問い、一発勝負で合否が決まる。極論すれば、18歳のある一日で人生が左右されるわけだ。

達成度テストどう設計

 そんな入試システムでは多様な人材を取りこぼす、偏差値エリートばかり増える、と指摘されながら改革は進まなかった。制度設計の難しさに加え、旧来の体制下で育ってきた人たちが教育界をはじめ社会の中心にいるからだ。

 政府の教育再生実行会議がまとめた大学入試改革案はその岩盤を突き破ろうとする野心的な提言となった。1979年に共通1次試験が導入されて以来の大改革になるだけでなく、高校や大学の教育全体を変える可能性がある。

 改革案は、共通1次を引き継いだ現行の大学入試センター試験を廃止し、「達成度テスト」を創設するのが柱のひとつだ。

 テストには「基礎」と「発展」を用意し、いずれも高校在学中に複数回受験できる。「発展」は一般入試に使うが1点刻みでの成績表示はやめて段階別の評価とする。受験生を振るい落とす道具となっているセンター試験とは違い、新しいテストは大学入学のための資格試験に近づくわけだ。

 今後、入念な制度設計が不可欠で、文部科学省の中央教育審議会で専門的に検討することになる。実施主体やテスト時期の設定など問題は多く、高校・大学双方の側から負担の重さなどを理由に反対する声も強まろう。

 しかし、そうした事務的な対応が厄介だからといって、改革を先送りしてはならない。動き出すのは今である。共通1次試験スタートから30年余、一発勝負型の試験体制は限界にきていることを教育界は自覚すべきだ。

 もうひとつの大きな課題は、達成度テストの導入に合わせて各大学がいかに工夫を凝らした選抜試験を実施できるかである。

 資格試験的な性格が強い達成度テストは、各大学が独自のアドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)に基づく選抜を実現してこそ意味を持つ。私立大も含めて、これまでとは次元の違う選抜が求められる。これも今から対応を急がなければならない。

 提言は、「入りにくく出やすい」といわれる大学教育の中身にも改革を求めた。卒業認定の厳格化を打ち出しており、「入れても出にくい」大学への転換を促したかたちだ。実現すれば、入試合格を人生の目標のように考える風潮に変化が生まれよう。

 もっとも、そのためには大学側に相当な努力が必要となる。

 大学教育では学生が能動的に学ぶ姿勢が大切なのに、日本の大学生の学修時間(授業を含めた学びの時間)は1日あたり平均4.6時間にすぎない。本来、学期中には1日8時間程度の学修が想定されているが、実態は約半分だ。

 大学には学生のやる気と潜在力をもっと引き出す教育環境を提供する責任がある。教員の指導力や熱意が伴わなければ、卒業認定を厳格化しても留年や退学を増やすだけになりかねない。学生が意見を積極的に述べる双方向の講義をもっと増やすべきである。

大学の取り組みがカギ

 欧米では、授業科目に番号を振って基礎から専門まで体系化して提供する仕組み(ナンバリング)が一般的だ。学生が将来の進路に必要な科目を主体的に選択し、どこまで進んだかで自らの学びの到達度を知ることもできる。

 2016年春からナンバリング導入も含め教育体制を刷新する東京工業大学は、学部3年までに必要な科目を履修すれば、4年目は大学院の授業を受けたり海外留学に行ったりできるようにする。こうした取り組みがどこまで進むかが、学修改革のカギとなる。

 受験偏重教育、入試至上主義を変えるには、突きつめれば親や社会の意識改革が欠かせない。達成度テスト導入と聞くや、「新たにそのための塾通いが必要になるのか」といった反応が出てくるのは、従来の1点刻み選抜の観念が染みついているからだ。

 そこから脱却して多様な人材を認め、横並びを排し、「出る杭(くい)」を伸ばす社会に変えていかなければ成熟国家・日本の新たな発展は望めないだろう。大学入試改革は、そういうパラダイム転換につながる大事業であることを意識しておきたい。

社説をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

達成度テスト入試教育

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報