世界M&Aに中国「35人の長城」の壁

(1/2ページ)
2013/5/17 9:09
情報元
日本経済新聞 朝刊
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 世界企業のM&A(合併・買収)に「35人の長城」が立ちはだかっている。中国の独占禁止法当局だ。発足からまだ約5年、総勢約35人の小所帯だが、その判断が企業の戦略を大きく左右する。企業にとって中国抜きの成長戦略は描きにくくなるなか、中国当局の存在感が高まっている。

■丸紅など現地事業に制約

 北京市中心部を東西に貫く大通り「長安街」に面して建つ商務省。その3号棟3階に「独占禁止局」が陣取る。内部は常に…

関連キーワード

丸紅、ミック・デービス、ガビロン、中国、グレンコア、独禁局、コカ・コーラ、エクストラータ

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/03 大引
20,539.79 +17.29 +0.08%
NYダウ(ドル)
7/02 17:20
17,730.11 -27.80 -0.16%
ドル(円)
7/04 5:48
122.68-84 -0.47円高 -0.38%
ユーロ(円)
7/04 5:48
136.20-36 -0.51円高 -0.37%
長期金利(%)
7/03 15:37
0.480 -0.030
NY原油(ドル)
7/02 終値
56.93 -0.03 -0.05%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報