真珠湾攻撃の通告遅れ 大使館の怠慢説に反証
通信記録を九大教授発見 外務省の故意か

(1/2ページ)
2012/12/8 3:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 1941年12月8日の日米開戦をめぐる新事実が明らかになった。最後通告の手直しが遅れ、米国に「だまし討ち」と非難された問題で、修正を指示する日本から大使館への電報が半日以上を経て発信されていたことを示す傍受記録が米国で見つかった。これまで不明だった発信時刻が判明。「在ワシントン大使館の職務怠慢による遅れ」とする通説に一石を投じそうだ。

 米メリーランド州にある米国立公文書記録管理局で9月末、記録を…

関連キーワード

コーデル・ハル、真珠湾攻撃

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
9/01 14:55
18,229.94 -660.54 -3.50%
NYダウ(ドル)
8/31 16:57
16,528.03 -114.98 -0.69%
ドル(円)
9/01 14:35
120.65-68 -0.53円高 -0.44%
ユーロ(円)
9/01 14:35
135.94-96 +0.02円安 +0.01%
長期金利(%)
9/01 13:50
0.370 -0.005
NY原油(ドル)
8/31 終値
49.20 +3.98 +8.80%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報