トップ > 特集 > 経営 > 記事

東電・関電の送電線工事で談合の疑い 発注企業への批判も
「ファミリー」との取引にメス

2012/11/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 公正取引委員会は27日、東京電力と関西電力が発注する送電線の工事を巡り、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、関電グループのきんでんや住友電設など電気設備工事会社約50社に立ち入り検査した。送電線工事は市場の低迷が続く一方、全国に100社を超える業者があり、過当競争に陥ったことが背景にあるとみられる。

 今回は関電が26日に電気料金の値上げを申請したばかり。関電グループの中核企業であるきんでん…

関連キーワード

関西電力、東京電力、公正取引委員会、送電線工事、住友電設

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/07 大引
20,376.59 +264.47 +1.31%
NYダウ(ドル)
7/07 16:34
17,776.91 +93.33 +0.53%
ドル(円)
7/08 6:34
122.45-48 -0.27円高 -0.22%
ユーロ(円)
7/08 6:34
134.58-64 -0.48円高 -0.36%
長期金利(%)
7/07 17:26
0.450 -0.010
NY原油(ドル)
7/07 終値
52.33 -0.20 -0.38%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報