日本経済新聞

7月23日(水曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

デジタルライフ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

大学受験 ネットで自宅にいながら「予備校通い」 有名講師の講義を配信、地方もきめ細かく

(1/2ページ)
2012/11/15付
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 大学入試センター試験まで約2カ月と、試験勉強が大詰めを迎えた受験生は多いだろう。残り限られた時間で弱点教科の克服や志望校対策に励みたい人の注目を集めているのが、自宅で有名予備校講師の講義が受けられる動画配信授業だ。視聴後にオンラインで確認テストを受けたり、スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)で授業の続きを見られたりするなど、ネットを生かした便利なサービスも相次いでいる。

■間違った問題だけ視聴もOK

自宅でネット動画を利用して受験勉強する高校生
画像の拡大

自宅でネット動画を利用して受験勉強する高校生

 「ビデオ速習で志望校の7年分の過去問解説授業を終えました」。東京都西部に住む高校3年生の三田桂太さん(仮称、17)は学校から帰宅後、午後6時から自宅のパソコン動画に見入っている。大手予備校の東進ハイスクールの動画配信サービス「在宅受講コース」で、現在は早大理工系学部の過去問演習講座を受けている。

 過去問を解いてファクスすると1週間程度で添削・返信される。動画で有名講師による問題解説も受けられる。「大問別にチャプター分けしているので、間違った問題だけ視聴するなど効率的に学べる」という。

 三田さんは高校で吹奏楽の部活に入り、帰宅は午後8時前後。塾に通うのは時間的に難しいため、高校1年から在宅受講コースを始めた。「この夏までに高校3年分の授業は終え、志望校対策に専念している」(三田さん)。部活を辞めた現在も続けている。

■校舎で受けられる授業がそのまま在宅で

 東進のコースは予備校校舎で受けられる授業がそのまま在宅で受講できる。東進を運営するナガセ(東京都武蔵野市)によると「自宅から校舎が遠かったり、部活で通えなかったりする生徒のため設けた」という。

 通常の授業では動画視聴後、オンラインで確認テストを実施。合格しないと次の講座を受講できないようにしている。受講講座の進み具合や模試の結果はネットで確認でき、保護者にもパスワードを配布して閲覧できるようにした。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

【PR】

【PR】

デジタルライフ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

人気アプリは街の素顔を映し出す(東京・秋葉原)

アプリが映す街の意外な「素顔」 山手線の全29駅

 携帯電話の中身はプライベート空間だ。スマートフォン(スマホ)には人に見せたくないアプリを入れている場合もある。だが実はiPhoneのある機能を使えば、自分が今いる場所の近くでみんながどんなアプリをダ…続き (7/20)

2次会のお店を探すのに便利なアプリ「イマノモ!」(東京都中央区の「金の独楽」)

暑気払いの店探し、アプリで手軽に 即時予約も

 蒸し暑い日が続くなか、暑気払いに飲み会を企画する人も多いだろう。飲食店の予約は電話が一般的だったが、最近はスマートフォン(スマホ)の画面上で簡単に予約できるアプリが増えている。希望条件を提示して対応…続き (7/18)

スマホで撮影した写真を注文できるアプリ「しまうまプリント」

写真プリント注文、スマホから手軽に 動画もOK

 スマートフォン(スマホ)で撮影した写真は画面で見て楽しむだけという人は多いだろう。だが、家族や友人との思い出の写真は、ときにはプリントして部屋に飾ったりしたいもの。そんなニーズに対応し、スマホで撮っ…続き (7/11)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について