デジタルライフ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

大学受験 ネットで自宅にいながら「予備校通い」 有名講師の講義を配信、地方もきめ細かく

(1/2ページ)
2012/11/15付
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 大学入試センター試験まで約2カ月と、試験勉強が大詰めを迎えた受験生は多いだろう。残り限られた時間で弱点教科の克服や志望校対策に励みたい人の注目を集めているのが、自宅で有名予備校講師の講義が受けられる動画配信授業だ。視聴後にオンラインで確認テストを受けたり、スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)で授業の続きを見られたりするなど、ネットを生かした便利なサービスも相次いでいる。

■間違った問題だけ視聴もOK

自宅でネット動画を利用して受験勉強する高校生
画像の拡大

自宅でネット動画を利用して受験勉強する高校生

 「ビデオ速習で志望校の7年分の過去問解説授業を終えました」。東京都西部に住む高校3年生の三田桂太さん(仮称、17)は学校から帰宅後、午後6時から自宅のパソコン動画に見入っている。大手予備校の東進ハイスクールの動画配信サービス「在宅受講コース」で、現在は早大理工系学部の過去問演習講座を受けている。

 過去問を解いてファクスすると1週間程度で添削・返信される。動画で有名講師による問題解説も受けられる。「大問別にチャプター分けしているので、間違った問題だけ視聴するなど効率的に学べる」という。

 三田さんは高校で吹奏楽の部活に入り、帰宅は午後8時前後。塾に通うのは時間的に難しいため、高校1年から在宅受講コースを始めた。「この夏までに高校3年分の授業は終え、志望校対策に専念している」(三田さん)。部活を辞めた現在も続けている。

■校舎で受けられる授業がそのまま在宅で

 東進のコースは予備校校舎で受けられる授業がそのまま在宅で受講できる。東進を運営するナガセ(東京都武蔵野市)によると「自宅から校舎が遠かったり、部活で通えなかったりする生徒のため設けた」という。

 通常の授業では動画視聴後、オンラインで確認テストを実施。合格しないと次の講座を受講できないようにしている。受講講座の進み具合や模試の結果はネットで確認でき、保護者にもパスワードを配布して閲覧できるようにした。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

【PR】

【PR】

デジタルライフ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スマホ写真をすっきり整理できるアプリ「iフォトアルバム」

スマホ写真、アルバムに 分類し登録・共有も簡単

 「あの写真はどこだっけ」。スマートフォン(スマホ)の画面を指でスクロールさせながら、友人や家族に見せたい写真を探した経験がある人も多いだろう。スマホを長年使っていると、撮影した写真は膨大な数に膨れ上…続き (5/22)

リクルートキャリアのアプリは、入力した予定を日付順で一覧できるようになっている

「スマホ就活」、さあ本番 アプリで日程・ID管理

 2016年春入社の就職活動がいよいよ本番を迎えつつある。企業説明会や申し込みの締め切り日などの就活スケジュールで手帳が埋まり始めた学生も多いはず。そんな中、「字が汚くて」「細かい字でメモするのは苦手…続き (5/15)

「全国ロケ地ガイド」でドラマの撮影場所を探索(東京都江東区の富岡八幡宮)

スマホ片手にロケ地巡礼 映画・アニメ向けアプリ充実

 往年の女優、オードリー・ヘップバーンがアン王女を演じた映画「ローマの休日」。グレゴリー・ペック扮(ふん)する新聞記者のジョーが、顔の形をした石の彫刻「真実の口」に手を入れ、王女が慌てふためくシーンは…続き (5/8)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

[PR]