日本経済新聞

10月2日(木曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

暮らしの知恵

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

その箸の持ち方 大丈夫? 正しい人は30代でも3割
どこまで直せるか、記者が挑戦

(1/3ページ)
2012/9/27 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 箸を正しく持てないと、食材をうまくつかめないうえ、見た目も悪い。記者(33)は箸をきちんと持てず、長年、何とかしたいと思っていた。今からでも遅くはないはず。30年以上の食生活で身についてしまった箸の間違った持ち方をどこまで直せるか、試してみた。

画像の拡大

■正しく使える人、40~50代でも3割台

 目白大学が栃木、埼玉、福島各県などの約8000人を対象に調べたところ、記者と同年代の30代女性で箸を正しく使える人は約3割にすぎなかった。40代や50代でも30%台で、男性もほぼ同じ結果だ。正しく使える人の割合は、年々減っているという。

 右の図のように、上の箸は中指と人さし指の第一、第二関節を使って上下に動かし、親指はぐらつかないようにそえる。下の箸は薬指の先端と親指の付け根に置いて固定し、食べ物をはさむには上の箸を動かす。これが正しい持ち方だ。

 記者は2本の箸を親指の付け根にはさみ、付け根に力を入れて箸先で食べ物をつかむ変な持ち方をする。

■関節を動かす感覚身に付ける

 子どもの頃は親に何度も直すように注意されたが、聞き流していた。だが社会人になると恥ずかしく思うようになり、そろそろ子どもにも箸の使い方を教えなくてはならない。大人でも直せるのだろうか。

 まずは全国で年350件以上の「お箸知育教室」を主催する箸専門店、兵左衛門東京支店(東京都千代田区)の中道久次さんを訪ねた。広報担当の吉田和史さんとともに2人がかりで指導してもらうことにした。「その気になれば大人でも癖は直ります」という。

 最初に中道さんに持ち方を見てもらうと「中指と人さし指が機能していないので、関節を動かす感覚を知るところから始めてほしい」と指摘された。さっそくトレーニングを始める。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

食事のマナーを点検

仕事にプラス、好感度アップ術

【PR】

【PR】

暮らしの知恵 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

めざせ職場のほめ上手 「おしゃれ」も要注意

 仕事を高く評価されるのは誰でもうれしいもの。とはいえ、むやみにほめても気持ちがうまく伝わらなかったり、相手が失礼だと感じたりすることがある。特に職場では相手や周囲の人間関係も配慮しながら、言葉や表現…続き (10/2)

靴下・シート・オイル…足のむくみ、最適な解消法は

 足のむくみに悩む女性は多いという。男性ながら記者(52)も長時間机に座って仕事をしていると、ふくらはぎがだるくなる。帰宅後に靴下を脱ぐといつも痕がくっきり。ホームセンターなどには、足のむくみ解消をう…続き (9/26)

最低限のマナーを知っておけば、急な訃報で慌てずにすむ

葬儀、通夜はスーツOK 香典はふくさに入れて

 親しい人が亡くなり、通夜や告別式に参列するのは誰にとってもつらいもの。拝礼などマナーに戸惑うことも多い。仕事で世話になった人にお別れの誠意を適切に伝えるには、どんなことに気を付ければよいか。最低限の…続き (9/25)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について