暮らしの知恵

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

その箸の持ち方 大丈夫? 正しい人は30代でも3割
どこまで直せるか、記者が挑戦

(1/3ページ)
2012/9/27 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 箸を正しく持てないと、食材をうまくつかめないうえ、見た目も悪い。記者(33)は箸をきちんと持てず、長年、何とかしたいと思っていた。今からでも遅くはないはず。30年以上の食生活で身についてしまった箸の間違った持ち方をどこまで直せるか、試してみた。

画像の拡大

■正しく使える人、40~50代でも3割台

 目白大学が栃木、埼玉、福島各県などの約8000人を対象に調べたところ、記者と同年代の30代女性で箸を正しく使える人は約3割にすぎなかった。40代や50代でも30%台で、男性もほぼ同じ結果だ。正しく使える人の割合は、年々減っているという。

 右の図のように、上の箸は中指と人さし指の第一、第二関節を使って上下に動かし、親指はぐらつかないようにそえる。下の箸は薬指の先端と親指の付け根に置いて固定し、食べ物をはさむには上の箸を動かす。これが正しい持ち方だ。

 記者は2本の箸を親指の付け根にはさみ、付け根に力を入れて箸先で食べ物をつかむ変な持ち方をする。

■関節を動かす感覚身に付ける

 子どもの頃は親に何度も直すように注意されたが、聞き流していた。だが社会人になると恥ずかしく思うようになり、そろそろ子どもにも箸の使い方を教えなくてはならない。大人でも直せるのだろうか。

 まずは全国で年350件以上の「お箸知育教室」を主催する箸専門店、兵左衛門東京支店(東京都千代田区)の中道久次さんを訪ねた。広報担当の吉田和史さんとともに2人がかりで指導してもらうことにした。「その気になれば大人でも癖は直ります」という。

 最初に中道さんに持ち方を見てもらうと「中指と人さし指が機能していないので、関節を動かす感覚を知るところから始めてほしい」と指摘された。さっそくトレーニングを始める。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

食事のマナーを点検

仕事にプラス、好感度アップ術

【PR】

【PR】

暮らしの知恵 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

平日の利用が多いという(ベアーズの家事代行サービス)

看病から掃除・洗濯まで 家事支援、単身者向け充実

 単身赴任などによる一人暮らしの負担を軽くしてくれるのが家事代行サービス。最近では病気の看病までこなしてくれる至れり尽くせりの社員寮も登場。掃除・洗濯などでも、ニーズや予算に合わせて単身者が気軽に利用…続き (5/30)

多機能調理家電、本当に便利か 実力を確かめた

 電子レンジほど高額ではないが、様々な料理を1台で作れるとうたった多機能調理家電が注目されている。タイマーを設定しておくだけで料理を完成させてしまう機種もあるという。焼く、煮る、揚げるなど、いろいろな…続き (5/29)

パソコンで出張申請書を作成する

出張達人への道 準備編 まず社内規定の確認を

 仕事をしていると、出張をする機会がある。慣れている人なら段取りや手続きは身についているだろうが、初めての出張などの場合、戸惑うこともあるはずだ。出張を滞りなく進めるにはどうすればいいのか。押さえてお…続き (5/28)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

[PR]