日本経済新聞

10月26日(日曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

暮らしの知恵

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

その箸の持ち方 大丈夫? 正しい人は30代でも3割
どこまで直せるか、記者が挑戦

(1/3ページ)
2012/9/27 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 箸を正しく持てないと、食材をうまくつかめないうえ、見た目も悪い。記者(33)は箸をきちんと持てず、長年、何とかしたいと思っていた。今からでも遅くはないはず。30年以上の食生活で身についてしまった箸の間違った持ち方をどこまで直せるか、試してみた。

画像の拡大

■正しく使える人、40~50代でも3割台

 目白大学が栃木、埼玉、福島各県などの約8000人を対象に調べたところ、記者と同年代の30代女性で箸を正しく使える人は約3割にすぎなかった。40代や50代でも30%台で、男性もほぼ同じ結果だ。正しく使える人の割合は、年々減っているという。

 右の図のように、上の箸は中指と人さし指の第一、第二関節を使って上下に動かし、親指はぐらつかないようにそえる。下の箸は薬指の先端と親指の付け根に置いて固定し、食べ物をはさむには上の箸を動かす。これが正しい持ち方だ。

 記者は2本の箸を親指の付け根にはさみ、付け根に力を入れて箸先で食べ物をつかむ変な持ち方をする。

■関節を動かす感覚身に付ける

 子どもの頃は親に何度も直すように注意されたが、聞き流していた。だが社会人になると恥ずかしく思うようになり、そろそろ子どもにも箸の使い方を教えなくてはならない。大人でも直せるのだろうか。

 まずは全国で年350件以上の「お箸知育教室」を主催する箸専門店、兵左衛門東京支店(東京都千代田区)の中道久次さんを訪ねた。広報担当の吉田和史さんとともに2人がかりで指導してもらうことにした。「その気になれば大人でも癖は直ります」という。

 最初に中道さんに持ち方を見てもらうと「中指と人さし指が機能していないので、関節を動かす感覚を知るところから始めてほしい」と指摘された。さっそくトレーニングを始める。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

食事のマナーを点検

仕事にプラス、好感度アップ術

【PR】

【PR】

暮らしの知恵 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

干してたたくだけでは逆効果 布団ダニの退治法

 夏の間に繁殖するダニ。刺されたことはないが、日本国内ならどの家にもいるらしい。学校などで使われている測定キットを利用して、一般的な手入れで布団などに潜むダニを取り除く効率的な方法を探った。
 まずは敵…続き (10/24)

上部の開いたバッグなら名刺入れを取り出しやすい

仕事のパーティー、上手に会話に入る心得

 ビジネスで取引先などの立食パーティーに参加したものの、気後れしてうまく会話に入れなかった経験はないだろうか。パーティーは人脈を広げたり、ビジネスにつながるきっかけをつかんだりする絶好の機会でもある。…続き (10/23)

昔できた逆上がりに再挑戦 39歳記者の奮闘1カ月

 夏のある日、逆上がりができない小学生の息子に手本を見せようと記者(39)は勇んで鉄棒へ向かったが、ぶざまに失敗した。昔は難なくできたはずだが、思った以上に体は衰えていた。40代が目前となったいま、ト…続き (10/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について