暮らしの知恵

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

空揚げ、カリッと作るには? 揚げ方と下味のコツ

(1/3ページ)
2012/9/14 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 外食店のメニューにあるとうれしいのが鶏の空揚げ。カリッと香ばしい衣の食感の後、熱い肉汁が口中に広がり、ハフハフっとしながら食べるのも楽しい。自宅であの味を再現する方法はないものか。大きな鍋がなくても、安い鶏肉でも絶品の空揚げを作るにはコツがあるようだ。

 日本唐揚協会(東京都渋谷区)によると、空揚げの定義は「食材に小麦粉や片栗粉などをまぶして揚げたもの」。おいしい空揚げは好みによって違うが、王道といえるのは「衣はカリっときつね色、中は弾力があり肉汁たっぷり」。そんな空揚げを何とか自宅で再現したい。

画像の拡大

 食材は鶏もも肉、小麦粉、揚げ油。手元の料理本のレシピ通り、肉に酒、しょうゆを振りかけ約5分なじませてから、小麦粉をまぶし、170度に熱した油に落とす。目安の揚げ時間は5分と書いてある。

 30秒もしないうちに衣が茶に色づいてきた。焦がさないように火を弱め、さらに4分半待つ。油から箸で引き上げると、投入した時よりも一回り小さくなった、茶色の塊が姿を現した。小麦粉の振り方がまずかったのだろうか、所々焦げ茶色。きつね色というより、部分部分が焦げたパンダ風になった。

 見た目よりも味で勝負、と皿に盛りつけ食べてみたが、衣はもろく、肉は味がしない。まずい訳ではないが、店で食べる空揚げとはだいぶ違う。

 「家庭の空揚げでよくある失敗パターンは3つ」と教えてくれたのは、料理研究家の沢田けんじさん。「中まで火が通る前に焦げる」「肉が硬く、ぱさつく」「ベタっとした衣」。これを解消するには、揚げ方にコツがあるという。

■「二度揚げ」基本 まず160度1分半、中心部は余熱で

 「肉は68度くらいから縮んで水分が出始める」と沢田さんは指摘する。軟らかくジューシーに揚げるには加熱時間を短くするのが鉄則だが、そうすると中まで火が通りにくく、衣がパリッとならない。その両方を解決するのが「二度揚げ」という揚げ方だという。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

空揚げ

記者が試して調べた 暮らしの知恵

生活編

【PR】

【PR】

暮らしの知恵 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

着物を普段着に 官民、魅力発信へ動く

 着物を晴れ着としてだけでなく普段着としても広げようと、官民が取り組んでいる。国内外に着物の魅力を伝える施策を検討する経済産業省の「和装振興研究会」は6月、職員に和装での執務を促す「きものの日」の制定…続き (7/25)

パナソニック「導光パネルデザイン」は多方向に光を拡散

LED照明が部屋を演出 スマホで操作、音も連動

 発光ダイオード(LED)照明器具が進化している。東日本大震災以降、節電目的で普及してきたが、色や明るさを変えることができる、無線通信に対応するといったLEDの特性に着目した製品が続々登場。部屋を演出…続き (7/25)

家庭にあるもので絞り染めができる

使い残した食材で染め物に挑戦

 キッチンで、なかなか取れないマグカップの茶渋をゴシゴシ落としているとき、ひらめいた。漂白剤が必要なほど食器に色を残す飲料や食材なら、布を染められるのでは。口に入るものなら安心して使えそうだし、子ども…続き (7/24)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

[PR]