日本経済新聞

10月26日(日曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

病気・医療

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「人工甘味料なら太らない」は甘い?

(1/2ページ)
2012/8/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 メタボリック(内臓脂肪)症候群やダイエットへの関心の高まりから、ノンカロリーやカロリーオフをうたう清涼飲料や菓子が人気を集めている。人工甘味料は、そのほとんどに使われている。しかし米国では最近、人工甘味料でも太るという報告があり、ダイエット効果を疑問視する声も出てきた。人工甘味料を使うことは小手先の対症療法なのか。

 「カロリーがゼロの清涼飲料を飲む習慣のある人は太りやすい」。2011年、米テキサ…

関連キーワード

人工甘味料、カロリー、ダイエット

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版秋割実施中!10/31まで 詳しくはこちら

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

病気・医療 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

C型、副作用少ない新薬 耐性ウイルス出現には注意

 肝臓は沈黙の臓器といわれ、病気になっても気づきにくい。慢性肝炎の大半を占めるウイルス感染によって起こるC型やB型の肝炎も同様で、肝硬変や肝臓がんと進行する危険がある。今年、肝炎の新薬が登場した。副作…続き (10/25)

東北大とNPO法人が共催したセミナーでは外科手術で使う機器の体験コーナーも設け、学生の関心をひいた(9月、仙台市)

若手外科医もっと増えて 大学やNPOが取り組み

 医療現場で「外科医不足」の懸念が高まっている。患者の命に直結する責任の重さに比べ処遇面などで「割に合わない」とみる医学部生や研修生が増えているという。こうした流れを変えようと、大学やNPOなどは若い…続き (10/24)

ランニングでの足の痛み 準備運動は入念に

 各地で開かれるマラソン大会には中高年ランナーが多く参加する。よい成績を取りたい、健康を保ちたいなど目的は多様だが、準備不足や頑張りすぎで膝や足首などを痛めてしまう例もある。ランニングやジョギングで起…続き (10/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について