病気・医療

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「人工甘味料なら太らない」は甘い?

(1/2ページ)
2012/8/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 メタボリック(内臓脂肪)症候群やダイエットへの関心の高まりから、ノンカロリーやカロリーオフをうたう清涼飲料や菓子が人気を集めている。人工甘味料は、そのほとんどに使われている。しかし米国では最近、人工甘味料でも太るという報告があり、ダイエット効果を疑問視する声も出てきた。人工甘味料を使うことは小手先の対症療法なのか。

 「カロリーがゼロの清涼飲料を飲む習慣のある人は太りやすい」。2011年、米テキサ…

関連キーワード

人工甘味料、カロリー、ダイエット

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版スタート割実施中 今なら電子版が6月末まで無料! お申し込みは5/31まで

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

病気・医療 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

腹腔鏡に潜むリスク 体への負担軽減のはずが…

 体への負担が少ないとして普及してきた内視鏡手術。その信頼を揺るがしかねない事態が相次いでいる。群馬大学病院(前橋市)などで、内視鏡の一種、腹腔(ふくくう)鏡を使った手術で複数の患者が死亡した。患者の…続き (5/20)

子どもの健康、環境が影響? 環境省が生活習慣など調査

 化学物質や生活習慣などの環境要因が子どもの成長や病気に与える影響を追跡する調査を環境省が進めている。全国の親子10万組が参加する世界でも珍しい大規模な疫学研究だ。約20年続く事業でアレルギー疾患など…続き (5/16)

金沢大で開発機器の実験をする米田特任准教授(右)とメディカル・イノベーションコースで学ぶ米谷さん

医薬品・医療機器 開発担う医師、大学で育成 

 医薬品や医療機器の開発を担う医師を養成する動きが大学医学部で目立ってきた。iPS細胞の開発など基礎研究では世界をリードするが、実用化に後れをとっているとされる日本の医療界をレベルアップするのが目的だ…続き (5/15)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

[PR]