日本経済新聞

10月22日(水曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

病気・医療

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「人工甘味料なら太らない」は甘い?

(1/2ページ)
2012/8/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 メタボリック(内臓脂肪)症候群やダイエットへの関心の高まりから、ノンカロリーやカロリーオフをうたう清涼飲料や菓子が人気を集めている。人工甘味料は、そのほとんどに使われている。しかし米国では最近、人工甘味料でも太るという報告があり、ダイエット効果を疑問視する声も出てきた。人工甘味料を使うことは小手先の対症療法なのか。

 「カロリーがゼロの清涼飲料を飲む習慣のある人は太りやすい」。2011年、米テキサ…

関連キーワード

人工甘味料、カロリー、ダイエット

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版秋割実施中!10/31まで 詳しくはこちら

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

病気・医療 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ランニングでの足の痛み 準備運動は入念に

 各地で開かれるマラソン大会には中高年ランナーが多く参加する。よい成績を取りたい、健康を保ちたいなど目的は多様だが、準備不足や頑張りすぎで膝や足首などを痛めてしまう例もある。ランニングやジョギングで起…続き (10/18)

国立国際医療研究センター病院では医師が患者役となり防護服を着て採血する訓練を実施=同センター提供

国立国際医療研究センター病院提供

感染症対策の最前線 デング熱・エボラ出血熱…

 今年、日本ではデング熱の国内感染が約70年ぶりに確認された。西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱は米国内でも感染者が発生するなど、海外からの感染症への懸念は高まっている。各空港や港では、病原体を媒介…続き (10/17)

エイズ、薬でコントロール 認知障害などの課題も

 エイズは治療薬が進化してかつてのような死の病ではなくなり、普通の生活も問題なく送れるようになった。ただ、少量とはいえ原因ウイルスが体内に何年も居続ける「慢性疾患」となったことで認知障害などの新たな合…続き (10/11)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について