日本経済新聞

1月30日(金曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

病気・医療

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「人工甘味料なら太らない」は甘い?

(1/2ページ)
2012/8/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 メタボリック(内臓脂肪)症候群やダイエットへの関心の高まりから、ノンカロリーやカロリーオフをうたう清涼飲料や菓子が人気を集めている。人工甘味料は、そのほとんどに使われている。しかし米国では最近、人工甘味料でも太るという報告があり、ダイエット効果を疑問視する声も出てきた。人工甘味料を使うことは小手先の対症療法なのか。

 「カロリーがゼロの清涼飲料を飲む習慣のある人は太りやすい」。2011年、米テキサ…

関連キーワード

人工甘味料、カロリー、ダイエット

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

病気・医療 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

地域包括ケア病棟は、回復期の患者が早く自宅に戻れるよう手助けする(茨城県阿見町の東京医大茨城医療センター)

「地域包括ケア病棟」導入進む 回復期患者に受け皿

 昨年4月に国が新設した「地域包括ケア病棟」を導入する病院が増えてきた。最長60日の入院期間で、回復期の患者の治療やリハビリをして自宅などに戻すのが役割だ。従来、病院の多くは救急や重症患者を対象にした…続き (1/30)

京大病院提供

放射線を精密照射 体の負担少なく、強さ自動制御

 がんの治療法は日々進化している。医療機器では、呼吸とともに微妙に動く患部に放射線を正確に当てたり、体内の様子を画面に映し出しながら細長い針を差し込んだりする装置が一部の医療機関で使われ始めた。患者の…続き (1/24)

脚を圧迫しながらペダルをこぐリンパ浮腫の運動療法(東京都新宿区の慶大病院)

リハビリ、がん医療の一翼に 患者のQOL向上へ

 がんによる身体機能の低下や手術など治療に伴う様々な障害に対するリハビリテーションが広がってきた。がん治療の進歩に伴い、がんを抱えながら社会生活を送る人が増えていることが背景にある。患者の生活の質(Q…続き (1/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について