トップ > 社説・春秋 > 記事

春秋

2012/7/12付
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 「美しすぎる警察署長」。2年ほど前、日本のネット上でこう形容された女性がいた。マリソル・バジェス・ガルシアさん。当時、20歳。犯罪学を学ぶ現役の女子大生で、1児の母でもあった。メキシコ北部の町で警察署長に就いたことは、世界的なニュースになった。

▼現地のメディアは「メキシコで最も勇敢な女性」と評した。メキシコの北部、米国との国境地帯では、麻薬取引にからんだ血なまぐさい事件が次々と起きていたからだ。バジェスさんの前任の署長を含め、警官の犠牲も多かった。バジェスさんの起用も、他になり手がいなかったため。いわば窮余の一策として、登板した。

▼カルデロン大統領は麻薬組織の撲滅をめざし軍を動員した。皮肉にも、この「麻薬戦争」が治安の悪化を招いた。抵抗と報復、そして麻薬組織同士の抗争激化。5年余りで5万人以上が犠牲になったというから、すさまじい。就任直後から脅迫を受け続けたバジェスさんは結局、5カ月で署長を辞め米国に亡命を申請した。

▼12月に退くカルデロン大統領の後任に、ペニャニエト前メキシコ州知事が決まった。次期大統領も麻薬組織には厳しく臨む構えだが、軍を前面に出して制圧しようとしてきた現大統領とは違うやり方を考えるという。米国に移った後も「恐怖を感じる」と語るバジェスさんと家族が、安心して帰国できる日は来るだろうか。

春秋をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

電子版トップ

関連キーワード

マリソル・バジェス・ガルシア、カルデロン、警察、春秋

【PR】

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
6/27 11:21
15,185.53 +233.51 +1.56%
NYダウ(ドル)
6/24 終値
17,400.75 -610.32 -3.38%
ドル(円)
6/27 11:01
101.73-74 -1.32円高 -1.28%
ユーロ(円)
6/27 11:01
111.90-94 -3.11円高 -2.70%
長期金利(%)
6/27 11:00
-0.205 -0.005
NY原油(ドル)
6/24 終値
47.64 -2.47 -4.92%

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報