日本経済新聞

12月22日(月曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

暮らしの知恵

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

冷凍した肉や魚、おいしく解凍する裏ワザ

(1/2ページ)
2012/5/25 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 安売りなどで買いこんだ魚や肉。余ったら自宅の冷凍庫で保管、という人は多いだろう。問題はそれらを解凍して使う時だ。電子レンジだとべちゃべちゃになるなど、うまくいかないことが多い。短時間で上手に解凍するコツはないものか。

 冷凍庫内に保管してある食材は、買い物ができなかった時やいざという時に威力を発揮する。だからこそなるべく早く使える状態にして、おいしく食べたい。

電子レンジでは仕上がり不安定

凍った食材をどうやったらおいしく解凍できるか
画像の拡大

凍った食材をどうやったらおいしく解凍できるか

 まずは室温での自然解凍と冷蔵庫に移しての解凍、水道水をかける流水解凍と電子レンジを使う方法で、解凍に要した時間や状況を比較した。実験にはスーパーで買った冷凍の業務用ブリの切り身(各50グラム)を使った。自宅の冷凍庫内はマイナス18度、冷蔵庫は5度、室温は20度だった。

 所要時間の短さでは当然ながら電子レンジに軍配が上がった。だが、解凍状況は好ましくない。自宅のレンジは「スチーム解凍」方式だった。皿の上に冷凍の切り身をのせ、メニューで解凍を選択、ボタンを押すと約4分で「チン」となった。取り出すと、切り身の半分が熱でうっすら白くなっていた。表面には液状の白い固まりも付着、皿には魚のエキス(ドリップ)が約5ccたまっていた。

 電子レンジの解凍設定を「弱」に変更し、ふた付きの容器に切り身を入れて再度、チャレンジ。すると約2分で「チン」となったがまだ身は冷たく固い。もう一回チンすると、今度は表面に薄い氷の膜が残り、中身はべちょべちょ。漏れ出すエキスの量は倍増した。

 豚肉の冷凍スライスでも試したが、結果はブリと大差ない。レンジの自動解凍だと肉の大半は熱で変色し「弱」で試しても変色部分は多少、残る。

 所要時間でレンジの対極にあるのは冷蔵庫解凍だ。冷蔵庫に移して待つこと9時間前後。ようやく解凍できた。夕食用の食材として使うには、朝、移さなければならない。時間がかかりすぎる。

 流水解凍と自然解凍はどうだろう。流水解凍は約20分で済んだが、絶えず水を流すのはもったいない。

 自然解凍では普通の皿とアルミ製のトレーを用意。それにのせて解凍時間を計ると、結果に差が出て驚いた。アルミトレーは皿より20分ほど早く、約50分で解凍できた。

 「アルミは熱の伝導率がいいから」と教えてくれたのは、冷凍食品調理コンサルタントでマノ料理学園(東京都武蔵野市)の間野実花副園長だ。

 上手な解凍方法はほかにないかと質問すると、意外な答えが返ってきた。「氷水解凍」だ。解凍したい食材を、氷水につける方法だ。一瞬首をひねったが、冷凍・解凍のメカニズムを聞くと納得した。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

解凍、電子レンジ、食材、ドリップ、冷蔵庫

記者が試して調べた 暮らしの知恵

生活編

【PR】

【PR】

暮らしの知恵 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

進化するリサイクル ごみからヒット商品も

 ごみとして捨てられる素材をリサイクルするだけでなく、より価値を高めて活用する取り組みは「アップサイクル」と呼ばれる。素材の特性を生かすことで、ごみをヒット商品に変えるかもしれない。そんなアップサイク…続き (12/20)

冷蔵庫の野菜室、鮮度保持の実力は 4機種で比較

 冷蔵庫が巨大化している。最新機種ではついに700リットル超えが登場。買い物は週一で十分事足りそうな勢いだ。その分、冷蔵庫の鮮度保持力も進化している。特に目立つのが野菜室、それにチルド・パーシャル室だ…続き (12/19)

節度を守って交流を深めたい

連夜の酒宴、乗り切り術 適量で食べながら心がけ

 12月も半ば。取引先や上司、同僚などとの宴会やパーティーが続く人も少なくないだろう。1年の締めくくりだからこそ「二日酔いでつらい」「食べすぎで気分がすぐれない」といった事態は避けたい。忘年会シーズン…続き (12/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について