日本経済新聞

11月24日(月曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

子どもニュース

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

マラソン、どうしてブームなの?

(1/3ページ)
2011/3/9 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 「市民ランナーの川内優輝選手が3位に入って、今年の東京マラソンは一段と盛り上がったわね」。興奮気味のお母さんに、ニッくんは「マラソンはつらいのに……。なぜ大人に人気なのか分からないよ」と首をかしげた。すると、「走る人だけじゃなくて、応援する人も、大会を開く街も盛り上がってるんだよ」とお父さんが話し始めた。

都会で大会続々、メタボ対策も

画像の拡大

 お父さん 外国では街中を走るマラソン大会が大きなお祭りになるんだ。アメリカのニューヨークやイギリスのロンドンで開く大会がその例。世界のトップ選手と一般の人が一緒に走る都心の大会は、イベントもあって注目されるんだ。

 ケイちゃん 東京でも前から大会はあったでしょ。

 お母さん ランナーが走る間は車や歩行者が道路を使えないから、都心ではトップ選手だけを集めた大会が多かったわ。一般の人が参加できるのは郊外とか河川敷。でも、3万人のランナーが参加して2007年に始まった東京マラソンが話題になって、ほかの街もやってみようと考えたの。

 ニッくん どこの街?

 お父さん 今年の秋から大阪や神戸でも街中を走る大会が始まるよ。周辺のホテルやお店が繁盛すれば経済的な効果もあるしね。

 ニッくん でも、走るのはつらそう……。

 お父さん 健康のためにランニングを始める人が多いね。メタボリックシンドロームという言葉を聞いたことがあるよね。

 ケイちゃん 運動不足なんかで太って、病気になりやすくなることよね。

 お父さん メタボをチェックする健康診断が08年から始まったことも、ランニングをする人が増えた背景じゃないかな。

 ケイちゃん 応援する人は何が楽しいの?

 お母さん 今年の東京マラソンは200万人以上の応援で沸いたそうよ。頑張ってる人は応援したくなるし、大会の写真のコンテストとか、屋形船から応援するとか、走らなくても楽しめる催しも多いのよ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

ペースメーカー、チャレンジ、ニュース、マラソン、メタボリックシンドローム

【PR】

【PR】

子どもニュース 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パレスチナって国じゃないの?

 「パレスチナ自治政府のアッバス議長が国際連合への加盟(かめい)を申請(しんせい)したね」。新聞を見たお父さんがつぶやくと、「自治政府って、ふつうの国の政府とどう違うの?」とニッくん。「正式な国になる…続き (2011/10/5)

金のアクセサリーを売却する人が今も目立つ(GINZA TANAKA銀座本店、東京都中央区)

金って価値が高いの?

 「夏に金のネックレスを売ってよかったわ。今は少し安くなっているのよね」。近所の主婦の話に探偵の松田章司が反応した。「歴史的な高値から一転して急落したけど、金は本当に高い価値があるのかな」。小学生の伊…続き (2011/10/3)

人工衛星っていくつ飛んでるの?

 「10月からBS放送のチャンネルが2倍に増えて、いろんな番組が見られるよ」。新聞を読みながらお父さんが話すと、「人工衛星(えいせい)から電波を受信するのがBSだよね」とニッくん。するとケイちゃんが聞…続き (2011/9/28)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について