マネープラン

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

長期分散投資、リバランスのすすめ

(1/3ページ)
2011/2/20付
共有
保存
印刷
その他

 内外の株式や債券など、複数の資産を組み合わせて長期間投資をする「長期分散投資」は、リスクを抑えながら堅実に資産運用する代表的な投資手法だ。ただ、長期とはいっても、資金を投じたまま放っておくのではリスク軽減の効果が薄くなるので、定期的なメンテナンスが必要だ。それが「リバランス(資産配分の再調整)」。最近はリバランスに便利なインターネット上のサービスも増えているので、上手に活用しよう。

画像の拡大

 複数の資産を組み合わせる分散投資では、時間の経過とともに相場が変動し、ある資産が値上がりする一方、別の資産が値下がりするなどして、当初の資産配分からずれが生じる。増えた資産がそのまま上昇を続ければよいが、相場は上下に変動するのが常。大きく値上がりしたものほど、下落幅も大きくなりがちだ。リバランスしないで放置すると、値上がりした資産のリスクを当初の想定以上に抱えてしまうことになるが、リバランスをすることによって崩れた資産配分を元の比率に戻せば、リスクを想定の範囲内に抑えることができる。

自分のルールを

 グラフAは2003年1月に内外の株と債券に25%ずつ投資をした人が、「全くリバランスをしない場合」と「1年ごとにリバランスをした場合」とで、運用成績(パフォーマンス)にどのような変化があったかを示したものだ。各資産がおおむね上昇を続けていた07年夏頃まではリバランスしない方が好成績だったが、08年9月のリーマン・ショック後の落ち込みはリバランスした場合よりも大きく、10年12月末時点でのトータルリターンはリバランスした場合よりも10ポイント近く劣る。

 投資の基本は「安く買って高く売る」だが、売買のタイミングを的確にとらえるのは難しい。「値上がりしているときには『もっと上がるのではないか』と思い、逆に値下がりしているときには『下がり続ける』と思いがちで、売り買いの時期を逃してしまう」(投資助言会社イボットソン・アソシエイツ・ジャパンの小松原宰明さん)からだ。

 リバランスは値上がりした資産を売り、値下がりしたり、相対的に安くなったりした資産を買うので、自動的に「安く買って高く売る」を実践できることになる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップライフトップ

分散投資を考える


マネープラン 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

被災地支援 寄付するには

 東日本大震災からの復興の動きが始まっている。被災者向けに一般の人たちもできる支援の一つが寄付や義援金だ。ただ、支援するなら、お金が自分の考えた通り使われているか知りたいもの。義援金の窓口企業が、寄せ…続き (2011/4/5)

専門家に聞く 年代別の老後資金作り

 税と社会保障の一体改革が注目を集めている。公的年金制度の枠組みがどうなるか、将来の生活に不安を感じる人も多いだろう。年金を補完する老後資金はどれぐらい確保すればよいか。個人の資産運用に詳しい専門家の…続き (2011/3/9)

アジア債券投信が人気 商品選びの注意点とは

 アジアの債券を投資対象とする投資信託の設定が相次いでいる。国内の運用難に悩む個人投資家の間で、高成長の続くアジアでの資産運用への関心が高いのに加え、先進国の金利が金融緩和で大幅に低下したことから、高…続き (2011/3/2)