日本経済新聞

10月25日(土曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

駆ける魂

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ケガから復帰、苦難のシーズン テニス・錦織圭(上)

(1/2ページ)
2010/12/8 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

 約2カ月ぶりの日本を、錦織圭(20、ソニー)は忙しく過ごしている。米国にはない「チョイおしゃれ」な洋服が欲しい。コンサートに行きたい、友人にも会いたい。スポンサーとの仕事も忘れてはいけない。テニスはなし。リラックスしすぎくらいで、ちょうどいい。

世界ランキングを日本勢男子で今季最高の98位まで戻した

世界ランキングを日本勢男子で今季最高の98位まで戻した

4月にケガから復帰

 新年が明けると同時に、新シーズンも始まる。今月中旬には米国に戻り、またテニス漬けの日々が始まる。その前に、緩めるときは緩めておかないと活力も沸いてこない。特に今季は「すごーく長かったから」。

 2009年春から痛みがあった右ヒジを同年8月に手術した。本格的にツアーに戻れたのは今年の4月。09年2月に自己最高56位まで上がった世界ランキングも、1800近くあるランクの圏外まで下がった。

 今季の目標は100位以内に定めた。「長い道のり。一瞬、目標が見えなくなった時もある」。だが終わってみれば98位(6日現在)、日本の男子の中では最高の順位だ。四大大会に予選なしで出場できる位置にまでのし上がってきた。

復帰当初は試合勘が戻らず

 錦織のテニスは見る者を引きつける。変幻自在のショットと、それを使って相手の裏を突く戦術眼が武器だ。しかし、復帰当初は試合勘が戻らず、「毎ポイント、ただプレーしているだけ」だったという。

 ケガの再発が怖くて、腕を思い切り振れない。無意識のうちにセーブしてしまうから、イメージしたテニスができない。

 勝機がありながら、それをものにできない自分がもどかしい。「もう悩んで悩んで、どーんと悩みこんでいた」

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

【PR】

駆ける魂 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ヘッドコーチいわく「もうあまり教えることがない」

スクラムの要、機動力高く ラグビー・畠山健介(上)

 ずんぐりした体がピッチの至る所で弾む。タックルされた味方のサポートに駆けつけ、パスに走り込んで突進する。スクラムの大黒柱、右プロップらしからぬ機動力。畠山健介(29)は、ハイテンポの攻撃で過去最高の…続き (10/25)

ボールを保持する畠山(中央)。プロップと思えないほどの仕事量を誇る=日本ラグビーフットボール協会提供

大学日本一 4年間で3度 ラグビー・畠山健介(中) [有料会員限定]

 ラグビー日本代表がスクラムの劣勢から敗れた試合は数知れず。永遠の弱点と思われていたプレーだ。それが、今は逆に日本の大きな武器になっている。
 6月、スクラム強国イタリアと対戦した。追い上げられ、リード…続き (10/25)

11年W杯は0勝。映像すら見る気になれない(中央が畠山)=共同

共同

来年W杯、狙うは初の8強 ラグビー・畠山健介(下) [有料会員限定]

 血液型占いのように、ラグビーではポジションによる性格の違いが語られる。例えば、体の大きなFWにあれこれ指示するスクラムハーフは強気。逆に、スクラムで押し込まれることが多くトライのように派手なプレーが…続き (10/25)

【PR】

新着記事一覧

ハイライト・スポーツ

【PR】

試合速報・結果

ワールドシリーズ(10/24)結果一覧

ジャイアンツ (9:07) ロイヤルズ

 主な日本人選手の成績

更新 共同通信社提供

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について