駆ける魂

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ケガから復帰、苦難のシーズン テニス・錦織圭(上)

(1/2ページ)
2010/12/8 7:00
共有
印刷
その他

 約2カ月ぶりの日本を、錦織圭(20、ソニー)は忙しく過ごしている。米国にはない「チョイおしゃれ」な洋服が欲しい。コンサートに行きたい、友人にも会いたい。スポンサーとの仕事も忘れてはいけない。テニスはなし。リラックスしすぎくらいで、ちょうどいい。

世界ランキングを日本勢男子で今季最高の98位まで戻した

世界ランキングを日本勢男子で今季最高の98位まで戻した

4月にケガから復帰

 新年が明けると同時に、新シーズンも始まる。今月中旬には米国に戻り、またテニス漬けの日々が始まる。その前に、緩めるときは緩めておかないと活力も沸いてこない。特に今季は「すごーく長かったから」。

 2009年春から痛みがあった右ヒジを同年8月に手術した。本格的にツアーに戻れたのは今年の4月。09年2月に自己最高56位まで上がった世界ランキングも、1800近くあるランクの圏外まで下がった。

 今季の目標は100位以内に定めた。「長い道のり。一瞬、目標が見えなくなった時もある」。だが終わってみれば98位(6日現在)、日本の男子の中では最高の順位だ。四大大会に予選なしで出場できる位置にまでのし上がってきた。

復帰当初は試合勘が戻らず

 錦織のテニスは見る者を引きつける。変幻自在のショットと、それを使って相手の裏を突く戦術眼が武器だ。しかし、復帰当初は試合勘が戻らず、「毎ポイント、ただプレーしているだけ」だったという。

 ケガの再発が怖くて、腕を思い切り振れない。無意識のうちにセーブしてしまうから、イメージしたテニスができない。

 勝機がありながら、それをものにできない自分がもどかしい。「もう悩んで悩んで、どーんと悩みこんでいた」

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

駆ける魂 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スポーツの環境が整っていないカンボジアで奮闘する荻原(右)。「ゼロから創り出すことが楽しい」

 ぷにっとしたゴム製の球を用いたソフト(軟式)テニスという競技を、誰もが一度は目にしたことがあるだろう。テニスボールが高価だった明治時代、気軽にできるよう日本で考案された。中学校の部活動での人気は抜群 …続き (5/6)

小学4年でソフトテニスを始め、高校で日本一に。異国の地で「貢献したい」と思うようになった

 両親の影響で荻原雅斗は小学4年でソフトテニスを始めた。それからは競技が生活の中心だった。練習に試合にと、競技に明け暮れた。ところが、6年の時、チーム内で荻原のペアだけ全国大会に進めなかった。「人生で …続き (5/6)

昨秋には日本人初の国内リーグ9000得点をマークした=共同共同

 元日本代表のエース。46歳にして現役。その経歴からサッカーの三浦知良になぞらえ「バスケットボール界のカズ」と呼ばれることもある。さぞ日ごろから自己管理や節制を徹底しているのでは、と早合点すると肩すか …続き (4/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]