駆ける魂

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

北京五輪で銀「運良かった」 体操 内村航平(上)

(1/2ページ)
2010/9/1 7:00
共有
印刷
その他

 職人が慣れた手つきで裁くように内村航平(21、日体大)は黙々と演技する。ゆか、あん馬……、そして鉄棒。最終6種目目の着地が決まると、ポーカーフェースにゆっくりと笑みが広がっていく。

ロンドン五輪で最も金メダルに近い選手の一人と目される

「減点なし=美しい」演技

 「大きなミスなく、着地まで決まってよかったです」。ややボソッとした口調は、アンニュイな青年を想像させる。だが、実はかなりの話好きだ。最近映像で演技をチェックした選手から、今はまっていることまで、楽しそうに、何でも答える。

 2008年の北京五輪男子個人総合で銀メダルを獲得。翌09年の世界選手権個人総合を制し、12年のロンドン五輪では日本で最も金メダルに近い選手の一人と目されている。当然、周囲の見る目は変わった。「北京五輪後、突然、すごい注目されちゃって……」。体操以外のことでも注目されるようになり少し煩わしいそうだが、「やっぱり見てもらえるのはうれしい」。

 「北京は運が良かった」と振り返る。北京五輪ではチーム最年少の19歳、気楽な立場だった。元世界王者の冨田洋之らに「楽しそうだね」って言われながら、無邪気に大舞台に立つワクワク感に酔っていた。苦手のあん馬で落下したが、あれよあれよという間に、他の選手をごぼう抜き。個人総合では、具志堅幸司以来24年ぶりとなるメダルを手にしていた。

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

駆ける魂 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スポーツの環境が整っていないカンボジアで奮闘する荻原(右)。「ゼロから創り出すことが楽しい」

 ぷにっとしたゴム製の球を用いたソフト(軟式)テニスという競技を、誰もが一度は目にしたことがあるだろう。テニスボールが高価だった明治時代、気軽にできるよう日本で考案された。中学校の部活動での人気は抜群 …続き (5/6)

小学4年でソフトテニスを始め、高校で日本一に。異国の地で「貢献したい」と思うようになった

 両親の影響で荻原雅斗は小学4年でソフトテニスを始めた。それからは競技が生活の中心だった。練習に試合にと、競技に明け暮れた。ところが、6年の時、チーム内で荻原のペアだけ全国大会に進めなかった。「人生で …続き (5/6)

昨秋には日本人初の国内リーグ9000得点をマークした=共同共同

 元日本代表のエース。46歳にして現役。その経歴からサッカーの三浦知良になぞらえ「バスケットボール界のカズ」と呼ばれることもある。さぞ日ごろから自己管理や節制を徹底しているのでは、と早合点すると肩すか …続き (4/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]