ドコモ、6月の契約数純減 「ツートップ」戦略でも

2013/7/6 3:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 携帯電話3社が5日発表した6月の携帯電話契約数で、NTTドコモは5カ月ぶりに解約件数が新規契約を上回り、差し引き5900件の契約数減になった。5月後半に「ツートップ」戦略を採用。ドコモユーザーのスマートフォン(スマホ)への買い替えは促進したが、他社からの流入は進まなかった。夏商戦本番を前にドコモは値引き策の拡充などで販売戦略をテコ入れする構えだ。

 ドコモはソニーの「エクスペリアA」と韓国サムスン…

関連キーワード

NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、エクスペリア、ソフトバンク、携帯電話、スマートフォン、ソニー、KDDI、サムスン電子

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/01 大引
20,329.32 +93.59 +0.46%
NYダウ(ドル)
7/01 16:41
17,757.91 +138.40 +0.79%
ドル(円)
7/02 7:49
123.22-24 +0.61円安 +0.50%
ユーロ(円)
7/02 7:49
136.10-16 -0.15円高 -0.11%
長期金利(%)
7/01 17:46
0.480 +0.030
NY原油(ドル)
7/01 終値
56.96 -2.51 -4.22%

アクセスランキング 7/2 8:00 更新

1.
EU、ギリシャ国民投票まで交渉せず 債務延滞で [有料会員限定]
2.
企業年金の積み立て前倒し 解禁 [有料会員限定]
3.
(真相深層)レアアース、中国依存再び [有料会員限定]

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報