丸ごとレビュー

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

裁断不要の新発想スキャナー 書籍などラクラク電子化 「ScanSnap SV600」を試す(上)
フリーライター 竹内 亮介

(1/3ページ)
2013/9/7 7:00
共有
保存
印刷
その他

 紙の資料や書籍をスキャンしてパソコンに取り込み、電子的なデータの形に変換して扱いやすくしてくれるのがドキュメントスキャナーだ。大量の資料と日々格闘するビジネスパーソンにとっては、机の周りをすっきりさせてくれる強い味方。ここ数年で急速に人気が高まり、さまざまなメーカーが製品を投入。おかげで家電量販店のスキャナー売り場はにぎやかになった。

 ドキュメントスキャナーの老舗メーカーであるPFUが7月12日に発売した「ScanSnap SV600」は、これまでのものとは形も機能もかなり変わった製品である。特徴を一言でいえば、資料のステープルを外したり書籍の背表紙を切り取る必要がない「非破壊スキャン」が可能なのである。今回はこのユニークな最新型ドキュメントスキャナーの使い勝手について検証してみた。

■冊子を壊さず読み込むため発想を転換

紙の書類や書籍をそのままの状態でスキャンできる「ScanSnap SV600」
画像の拡大

紙の書類や書籍をそのままの状態でスキャンできる「ScanSnap SV600」

 従来のドキュメントスキャナーはいずれもスキャンできる紙のサイズが限られていた。一般的にはA4判までに対応しており、コピー用紙に1枚ずつ印刷された資料ならそのままセットして読み取ることができる。

 扱いが難しかったのが冊子型の資料や書籍だ。ドキュメントスキャナーは紙を1枚ずつ読み取っていく仕組みなので、そのままではセットできない。おかげでステープルを外したり背表紙を取り除いたりして、A4判大になるようカッターなどで切り刻まなければならなかった。ページ数の多い書籍の場合、裁断機を用意するかコピーショップなどに裁断を依頼する手間がかかっていた。

 そこでPFUはドキュメントスキャナーの構造を一から見直すことにした。非破壊で冊子などをスキャンできるよう、机に置かれたページを開いた状態で上から撮影するというアイデアを思いついた。

SV600のヘッド部。スキャンに利用するセンサーとランプが備わっている
画像の拡大

SV600のヘッド部。スキャンに利用するセンサーとランプが備わっている

 低価格なドキュメントスキャナーをいち早く発売したPFUは、業界のパイオニアとも言える存在。「ScanSnap iX500」など従来製品は箱形をしていたが、最新のSV600では台の上にスキャン用の光源やセンサーを備えたヘッドが付いた形をしている。iX500の大きさが幅292×奥行き159ミリメートルだったのに対し、SV600の台の部分は幅210×奥行き156ミリメートル。本体だけなら一回り小さいスペースに設置できる。

 SV600には黒い布が付いてくる。まずこれをSV600の手前に広げ、その上にスキャンしたい資料や書籍を載せる。スキャンボタンを押すとスキャンヘッドからライトが資料や書籍に向けて投射される。奥側から手前側に向けてライトが動き、それに合わせてヘッドに内蔵するセンサーが資料や書籍の表面を読み取る。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

PFU

【PR】

丸ごとレビュー 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

777グラムと非常に軽い富士通のモバイルノートパソコン「ライフブック UH75/B1」

タブレット並みに軽い777gの13型ノートPC [有料会員限定]

 富士通が2月に発売した「ライフブック UH75/B1」は、13.3型ワイド液晶ディスプレーを搭載しながら、厚さ15.5ミリ、重さは777グラムと非常に薄型で軽量のモバイルノートパソコンだ。落下や圧迫…続き (3/18)

液晶が軽量タブレットに、レッツノート初の着脱式 [有料会員限定]

 パナソニックのモバイル機「レッツノートXZ6」は、液晶部分を分離してタブレットとして使える同シリーズ初のデタッチャブルモデルだ。CPUは米インテルの第7世代Core i Uシリーズを採用、バッテリー…続き (3/11)

幅は、片手でしっかりとホールドできるサイズだ

通話機能付きタブレット「ZenFone 3 Ultra」の魅力 [有料会員限定]

 昨今のスマートフォン(スマホ)は、5型前後のディスプレーを搭載するモデルが主流だ。数年前までは4型前後の画面サイズが主流だったが、より大きい方が使いやすいため画面の大型化が進んだ。

 ただし、電子書籍…続き (2/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月27日付

2017年3月27日付

・LG、日本の研究所統合 ロボなど強化
・海底3D地図 速く広く作成 三井造船など開発
・設備保守の東京電設サービス、東電系以外で売上高4割
・富士重、「アイサイト」新興国にも投入
・パソナ、自分磨き プロが指導…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト