日本経済新聞

7月26日(土曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

ブームの予感(日経MJ)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

見た目ラーメン、味は… おかしな「ケーキ」増殖中
意外性「味わう」

(1/2ページ)
2013/4/28 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 まるでラーメンそのもののケーキがあると思えば、ケーキに見えながら実はおすしだった――。視覚と味覚が一致しない不思議な「ケーキ」が増えている。プロのパティシエが手がけた本格派から、家族のためにとアマチュアが腕を振るった作品まで、作り手は様々。凝った見た目と、味のギャップがネットを起点に話題を呼んでいる。

 

「まちのくまさん」にはラーメンのようなケーキが並ぶ(群馬県高崎市)
画像の拡大

「まちのくまさん」にはラーメンのようなケーキが並ぶ(群馬県高崎市)

 群馬県高崎市の田畑が広がるのどかな地域のケーキ店「まちのくまさん」が全国の注目を集めている。話題の中心は、ラーメン用丼に入ったラーメンそっくりの「ラーメンケーキ」(1300円)。チョコレートケーキやクリームブリュレの横に並ぶ姿が来店客の目を奪う。

■モンブランの麺・スープはゼリー

 ラーメンそっくりに見えても、材料はすべて製菓素材。麺はカボチャとクリで作ったモンブランでスープは紅茶のゼリー、のりは食用木炭という凝りようだ。1日限定販売数の40個を巡り注文が殺到し、現在は予約がなければ買えない。

 開発のきっかけは今年2月、店主の市川健さん(48)と妻の孝子さん(41)が昼食に食べたインスタントラーメンのパッケージ。ラーメンの写真を見て「ケーキで作れる」と盛り上がり早速試作、販売を決めた。

 面白がって購入した人がインターネットに投稿、あっという間に話題になり、わずか2カ月で全国から注文が舞い込むようになった。今はざるそば(700円)などに拡大、1日70個を売る人気シリーズに成長した。

 「今から家族の驚く顔が楽しみ」。ラーメンケーキを購入した高崎市内の40代の自営業の男性はこう話す。家族だんらんやママ友の集まりなどで話のネタになると購入する人が多いという。

 喜多方ラーメンで知られる福島県会津地方にも、ラーメンケーキがある。地元の菓子店「太郎庵」(同県会津坂下町)が直営11店舗で販売する「喜多方ラーメンケーキ」(420円)だ。こちらは直径8センチ程度の陶器に入り、やや小ぶり。多い店だと1日30個程度が売れるという。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

ケーキ、ラーメン、ラーメンケーキ、喜多方ラーメン、インスタントラーメン

「ブームの予感」ヒットの法則

「ブームの予感」最近の流行

日経MJの紹介とお申し込みはこちら

【PR】

【PR】

ブームの予感(日経MJ) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

力を入れなくても描きやすい「ポンキーペンシル」(東京都江東区)

軟らか鉛筆・浮く水着…「非力っ子」向け新市場

 都市部を中心に遊び場が減り、子どもの体力が低下している。2020年の東京五輪へ向けゆゆしき問題でもあるが、そこはおもてなしニッポン。体力低下を切り口とした、書きやすい筆記具や押しやすい形状の液体ハン…続き (7/20)

上野友美さんはミディリングでアクセントをつけ、ネイルはシンプルにしている(東京都練馬区)

指輪の輝き多彩に ネイル引き立て、子育て配慮

 指輪の世界が広がっている。指の関節の間など中間の位置につける「ミディリング」が人気を集め、母親向けに育児に配慮して作られた指輪や男性向けの細身でシンプルなデザインの指輪が登場。最新事情を探った。

■指…続き (7/13)

窓の外では銀座松坂屋跡地の再開発が進む(東京都中央区のダーリング プレミアムミンクスギンザ)=地図の3

新たな美の聖地「ギンロク」 大人のサロン続々

 美容室やネイルサロンなどの集まる「美容の聖地」といえば、東京・青山エリアが有名だが、今、そんな美容の主戦場が銀座に変わりつつある。なかでも人気は、4丁目の交差点から新橋方面に150メートルほど進んだ…続き (7/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について