日本経済新聞

10月25日(土曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

ブームの予感(日経MJ)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

見た目ラーメン、味は… おかしな「ケーキ」増殖中
意外性「味わう」

(1/2ページ)
2013/4/28 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 まるでラーメンそのもののケーキがあると思えば、ケーキに見えながら実はおすしだった――。視覚と味覚が一致しない不思議な「ケーキ」が増えている。プロのパティシエが手がけた本格派から、家族のためにとアマチュアが腕を振るった作品まで、作り手は様々。凝った見た目と、味のギャップがネットを起点に話題を呼んでいる。

 

「まちのくまさん」にはラーメンのようなケーキが並ぶ(群馬県高崎市)
画像の拡大

「まちのくまさん」にはラーメンのようなケーキが並ぶ(群馬県高崎市)

 群馬県高崎市の田畑が広がるのどかな地域のケーキ店「まちのくまさん」が全国の注目を集めている。話題の中心は、ラーメン用丼に入ったラーメンそっくりの「ラーメンケーキ」(1300円)。チョコレートケーキやクリームブリュレの横に並ぶ姿が来店客の目を奪う。

■モンブランの麺・スープはゼリー

 ラーメンそっくりに見えても、材料はすべて製菓素材。麺はカボチャとクリで作ったモンブランでスープは紅茶のゼリー、のりは食用木炭という凝りようだ。1日限定販売数の40個を巡り注文が殺到し、現在は予約がなければ買えない。

 開発のきっかけは今年2月、店主の市川健さん(48)と妻の孝子さん(41)が昼食に食べたインスタントラーメンのパッケージ。ラーメンの写真を見て「ケーキで作れる」と盛り上がり早速試作、販売を決めた。

 面白がって購入した人がインターネットに投稿、あっという間に話題になり、わずか2カ月で全国から注文が舞い込むようになった。今はざるそば(700円)などに拡大、1日70個を売る人気シリーズに成長した。

 「今から家族の驚く顔が楽しみ」。ラーメンケーキを購入した高崎市内の40代の自営業の男性はこう話す。家族だんらんやママ友の集まりなどで話のネタになると購入する人が多いという。

 喜多方ラーメンで知られる福島県会津地方にも、ラーメンケーキがある。地元の菓子店「太郎庵」(同県会津坂下町)が直営11店舗で販売する「喜多方ラーメンケーキ」(420円)だ。こちらは直径8センチ程度の陶器に入り、やや小ぶり。多い店だと1日30個程度が売れるという。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

ケーキ、ラーメン、ラーメンケーキ、喜多方ラーメン、インスタントラーメン

「ブームの予感」ヒットの法則

「ブームの予感」最近の流行

日経MJの紹介とお申し込みはこちら

【PR】

【PR】

ブームの予感(日経MJ) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

山中湖などに立ち寄り、戦隊物風のポーズを決めて写真を撮る(山梨県山中湖村)

そろいのライダー装備 なりきり戦隊「コミネマン」

 ピーク時に比べ8分の1にまで落ち込んだ国内二輪車市場において、新たなバイクの楽しみ方が生まれている。面白おかしい写真を撮ってインターネット上で公開するという変わった目的のために、集団でツーリングする…続き (10/19)

3メートル以上の壁からジャンプしてみせる「トウキョウパルクールアカデミー」の講師(東京都中央区)

まるで忍者! 跳びはねる「パルクール」人気

 十数段の階段を手すりを越えて飛び降りたり、人の高さほどある柵を跳び越えたり――。まるで忍者のように動き回り、障害物を軽々と飛び越えるスポーツ「パルクール」が人気を集めている。20~30代の男女が「格…続き (10/12)

著名カメラマンやライターも多数参加する「TOmagazine」

1区1冊、東京23区に住んで編集「TOmagazine」 [有料会員限定]

 東京23区を順に特集するタウン誌「TOmagazine(トゥマガジン)」が話題だ。一冊丸ごと1つの区を掘り下げていくコンセプトもさることながら、編集長の川田洋平さん(26)が特集する区に実際に住みな…続き (9/28)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について