日本経済新聞

11月26日(水曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

ことばオンライン

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

同学年では遅い生まれなのに 「早生まれ」の理由

(1/3ページ)
2013/3/26 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

 まもなく春の入学シーズン。真新しいランドセルを背負った小学1年生のかわいらしい姿を見かけると、大人の心も弾む。ただ、いわゆる「早生まれ」の子どもの親にとっては、小学校入学の喜びと同時に不安が募る時期でもある。同じ学年でも最大で1歳近く幼いため、「授業についていけるか心配」「体も小さいみたい……」など、生まれが遅いゆえの成長差が気になるのだ。ところで、この「早生まれ」という言葉、同じ学年の中では誕生月が遅く、年を取るのも遅いはずなのに、なぜ早生まれと呼ぶのだろうか。

■1年のうちで早い生まれが「早生まれ」

早生まれの著名人
湯川秀樹物理学者・ノーベル賞受賞1月23日
江崎玲於奈物理学者・ノーベル賞受賞3月12日
小泉純一郎元首相1月8日
長嶋茂雄元プロ野球選手2月20日
中田英寿元プロサッカー選手1月22日
松任谷由実歌手1月19日
松田聖子歌手3月10日
水木しげる漫画家3月8日
柳井正経営者2月7日
三木谷浩史経営者3月11日

(日付は誕生日、敬称略)

 辞書によると、早生まれの定義は「1月1日から4月1日までの間に生まれたこと。その人」(岩波国語辞典第7版新版)。小学校の学年は「4月1日に始まり翌年の3月31日に終わる」と国は定めており、4月1日に満6歳になっている子どもが入学できる。早生まれという言葉は、特にこの小学校の入学時期で話題になることが多い。

 4月~翌年3月という年度でみれば、早生まれの子どもは、年度初めのころに生まれた子どもに比べ、場合によっては1歳近く幼い。たとえば4月2日生まれなら、入学式の時点ではすでに7歳になっているが、早生まれ、それも3月後半の生まれだと約1年後にやっと7歳になる。入学式から終業式までのほぼ1年間は、6歳児のままで、同学年の中で最も幼い方に属する。

 実はこの早生まれ、4月~翌年3月の「年度」の中で比較しているのではなく、1~12月の「年」の中で見て、早い、遅いと比べているのだ。同じ年の生まれでも、1月1日から4月1日までに生まれた子どもは、4月2日以降に生まれた子よりも1年早く小学校に入学するから「早い」というわけだ。

■由来は数え年

 しかしそれでも、早生まれと呼ぶのは違和感がある。それもそのはず、この言葉は、日本で60年ほど前からあまり使われなくなった「数え年」という年齢の数え方に由来する。

 数え年と言われてもピンとこないかもしれないが、日本は古くから、現在使われている「満年齢」ではなく、「数え年」で年齢を数えてきた。生まれた瞬間(年)を1歳として、その後、正月(新年)を迎えるたびに1歳ずつ加える方式で、同じ年に生まれた人は、誕生日に関係なく、正月が来ればみんな一斉に年を1つ取る。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

早生まれ、ランドセル、中田英寿、読売新聞

日本語のなぞ・ふしぎ「ことばオンライン」

【PR】

【PR】

ことばオンライン 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

1971年に開業した「ミッシーカジュアルショップ」が「ミッシー」の先駆け(東京・新宿の伊勢丹新宿本店)=三越伊勢丹ホールディングス提供

三越伊勢丹ホールディングス提供

「ミッシー」なぜ消えた 百貨店フロア変貌の不思議

 突然だが、「ミッシー」という言葉をご存じだろうか。現代の若者にはピンとこないかもしれないが、いわゆるヤングミセスを指す業界用語だ。一昔前までどこの百貨店のフロア案内でもよく見かけた言葉なのだが、いつ…続き (11/26)

最近出版された本にはやたらと長いタイトルが目立つ

本の題名、やたら長くなっているのはなぜ

 読書の秋。書店に並ぶ本を眺めていたらふと気がついたことがある。やたらと長い題名の本が多い。とりわけ若者向けの「ライトノベル」やビジネス書、実用書の題名が長いようだ。表紙や背表紙はタイトルの文字でびっ…続き (11/12)

「ネットスラング」、ルーツは国内最古の歌集に

 「今日は早くカエル(蛙の絵文字)の?」。ある日、母からこんなメールが来た。今はやりの「おかんメール」(母親からの珍メール事例を集めた本)ではないが、絵文字入りのメールを五十路を超えた母が送ってきたの…続き (10/29)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について