日本経済新聞

4月25日(土曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

クローズアップ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

山盛りイクラ・透けるイカ… 札幌、驚異の回転ずし 出張グルメの達人・札幌編

(1/5ページ)
2012/12/8 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

 豊富な海の幸に恵まれた北海道はすし屋のレベルが違う。高くてうまいのは当たり前だが、札幌のすし店は激しい競争の結果、地元ならではの鮮度と驚きの安さを両立させている。5000円もあればお釣りがくる店を3回にわたって紹介しよう。まずはもっとも手軽だが満足感はあなどれない回転ずし。

画像の拡大

 一歩店内に入ると威勢のいい太鼓の音が響く。ここは回転ずし店、なごやか亭の白石本通店(札幌市白石区)。三浦和宏店長が力強くバチを振っている。

 運営会社の三ッ星レストランシステム(北海道釧路市)にとって、白石本通店は133席を擁する最大規模のすし店。1時間ごとに職人らが太鼓をたたき、店内の雰囲気を盛り上げる。谷川富成社長は「子どもの誕生日と聞けば祝いの気持ちを込めてたたく。その場の状況に応じて喜んでもらえる工夫をこらしています」と笑う。

■皿からこぼれそうなイクラの山

 回転ずしといっても、なごやか亭では職人が目の前で握る。ネタ、シャリとも大きいのが特徴だ。ネタが皿からはみ出すほど。一目で105円均一の回転ずし店との違いが分かる。デカネタサーモンは1皿136円で食べ応えがあり、お得感が強い。

 こぼれいくら(525円)はイクラの軍艦巻き。「たくさん召し上がって下さい」。三浦店長が目の前で皿からあふれるほど盛りつける。これだけの量のイクラを一気に食べたのは初めて。独特の食感を堪能できる。

 ネタだけでなく、ノリ、ワサビ、ガリなどにも凝っている。手巻きのノリは上質な九州・有明産を採用。とろたく手巻き(273円)をほお張ると、ノリのぱりっとした風味が口に広がった。

■すしは握りたてより……

 「メニューは130種類ほど。ちょっと多すぎるくらいの品ぞろえ」と谷川社長。基本メニューは1皿126円から525円。季節メニューでもう少し高いものもある。

 ネタのほぼ半分は北海道産で、イクラだけでも道産品を年25トン仕入れている。一方、サバは九州で買い付けるなど、北海道内外に仕入れのネットワークを広げている。1500円ほどあれば満足できそうだ。

 「握りたてより、少し時間がたってからの方がうまい」。谷川社長が意外な話をしていた。

三浦店長のたたく太鼓で盛り上がるなごやか亭
画像の拡大

三浦店長のたたく太鼓で盛り上がるなごやか亭

 握りたてのすしはシャリが温かく、ネタは冷たい。両者の温度が近付くのを待った方がおいしく食べられるという。とはいえ回転している間にネタが乾いてしまうと味は落ちる。サバ、マグロなど乾きやすいネタは、できるだけ注文が入ってから握るように配慮しているそうだ。

 谷川社長直々のお薦めは、タラバガニ・数の子・本まぐろ中とろの3点盛(630円)。ボタンえび・活あわび・すじこの3点盛(630円)や、こぼれいくらも好評という。なごやか亭は北海道内では札幌9店、釧路4店、帯広2店。このほか関西に2店あり、計17店。今後は北海道外の店舗網も拡充する方針だ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 5ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

出張グルメの達人

【PR】

【PR】

クローズアップ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

2020年をテーマにした住宅のキッチン。最近食べたメニューや、スーパーのお買い得情報を表示する(東京都中央区)

未来の「話す家」、築100年の旅館 新旧の魅力に迫る

 引っ越しシーズンの春。転勤や子供の成長に合わせ、住まいについて考える機会が多い季節だ。時代の流れとともに変化していく家。ITを駆使した近未来の住宅と、築100年の京町家を改修したゲストハウスを訪ね、…続き (4/4)

さかきばら・いくえ 女優・タレント。1959年神奈川県生まれ。3歳から厚木市に住む。1977年歌手デビュー。1981年からミュージカル「ピーターパン」で7年間主演。息子が2人で長男は俳優の渡辺裕太さん。30日から主演ドラマ「プラチナエイジ」(東海テレビ・フジテレビ系)が放映される。

【最後の晩餐】長男が本格デビューしたのは2013年。テレビ番組の企画で佐渡島の集落に8カ月ほど住み、米や野菜を作りながら島の活性化に挑んだ。もう残っていないでしょうが、かなうならばそのときのお米を食べたいですね。家族そろって炊きたてのあつあつを。
=写真 編集委員 葛西宇一郎

榊原郁恵さん 家事完璧の母がつかんだ夫の胃袋

 物心ついたときには食卓の脇に3色食品群の図表が貼ってあった。専業主婦だった母は家事全般を完璧にこなすタイプ。娘2人のために「赤い食品は、緑の食品は」と、…続き (4/3)

参加者6万人超、宮城・南三陸「語り部バス」の磁力

 「未曽有」の3文字では形容しきれない――。南三陸ホテル観洋(宮城県南三陸町)の女将、阿部憲子さんは2011年3月11日の東日本大震災を振り返り、「千年に一度といわれる被害を簡単に表現してほしくない」…続き (3/9)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について