日本経済新聞

4月23日(水曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

@Silicon Valley

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アップル、行く末は「ジョブズ後」か「ジョブズ前」か?
17年ぶり復配 カギ握るのは“カリスマ”支えた幹部社員

(1/3ページ)
2012/3/21 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 米アップルが17年ぶりに配当を実施することを発表した。「金もうけよりも世界を変えること」にこだわった共同創業者、故スティーブ・ジョブズ氏が生きていたら、おそらく許容しなかったであろう方針転換。その行く先は「ジョブズ後」の新たな黄金期なのか、それとも経営破綻寸前までいった「ジョブズ前」か――。

 「ティム・クック現最高経営責任者(CEO)が独自色を出し始めた」。

 株式市場関係者やメディア、日ごろは辛口のアップルウオッチャーも、配当実施や自社株買いには一様に異論をはさんでいない。「貯蓄より消費」のお国柄が背景にあるかもしれない。あるいは、皆さん、アップルの株主なのかもしれない。

 アップルが発表した施策はこうだ。2012年7~9月期から1株あたり2.65ドルを四半期配当として支払い、12年10月~13年9月期から3年間、100億ドルの買い入れ枠を設定して自社株買いを実施する。この株主還元に450億ドルをつぎ込む――。ジョブズ時代なら考えられないことだ。

 株主との対話を嫌ったジョブズ前CEOに代わり、クック氏はジョブズ氏の生前から機関投資家や証券アナリストなどと接し、「株主の声」に触れる機会が多かった。

 配当や自社株買いは利益成長が鈍った企業が株価対策として実施することが多い。ただ、アップルはその必要が無いくらい株価が上がり続けている。

 株主がアップルに還元を求めるのは株価対策ではない。「巨額買収くらいしか使途がないほどに積み上がった余資を株主に還元せよ」という求めであり、教科書的には“正しいお金の使い方”だろう。

 しかし、なぜ、ここまで積み上げたのか、誰が積み上げたのかを考えると、違う風景がみえてくる。

 過去の経営危機の悪夢を忘れず、パラノイア(偏執症)のように現金をため込み、8兆円以上にまで積み上げたのはジョブズ氏だ。ジョブズ氏は生前、クパティーノ市の本社で開く株主総会で、株主還元策を追及されても、「株主に返しても、アップルの企業価値はあがらない」と明確に拒否してきた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

スティーブ・ジョブズ、ティム・クック、アップル、フェイスブック、グーグル


【PR】

【PR】

@Silicon Valley 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ワッツアップの「拠点」はアジア系の店舗が多く入居するショッピングセンターの中にあった(米カリフォルニア州サンタクララ市)

フェイスブックの巨額買収が紡ぐ“おとぎ話” [有料会員限定]

 最初は何かの間違いかと思った。交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックが2月19日に発表したチャット(対話)アプリの運営会社、米ワッツアップ…続き (3/3)

マイクロソフトのCEOに就任したインド出身のサトヤ・ナデラ氏。クラウド、サーバー事業で実績をあげた=ロイター

ロイター

マイクロソフトが未来を託す「インドの頭脳」 [有料会員限定]

 米IT(情報技術)業界でインド系幹部の存在感が高まっている。IBMなどとならびインド出身の技術者獲得で先行していたマイクロソフト(MS)では最高経営責任者(CEO)にサトヤ・ナデラ氏が昇格。同社はグ…続き (2/21)

共同創業者のビル・ゲイツ氏(左)と並んでCEO就任の挨拶をするサトヤ・ナデラ氏

マイクロソフト新CEOへの期待と不安 [有料会員限定]

 米マイクロソフト(MS)の新体制が始動した。共同創業者のビル・ゲイツ氏(58)、ゲイツ氏の大学時代のクラスメートだったスティーブ・バルマー氏(57)の後を継ぐのは両氏より一回り年下のサトヤ・ナデラ氏…続き (2/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

日経産業新聞 ピックアップ2014年4月23日付

2014年4月23日付

・サイバー攻撃に3新種、日本も標的に
・グーグルVS.フェイスブック 「次の10億人」巡り空中戦
・ルートレック、クラウド活用しハウス栽培自動化 大規模農家に対応
・リコーリース、メガソーラー建設費に融資
・河西工業、キズ目立たぬ素材 内装部品全体に…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト

【PR】

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について