モバイルの達人

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

iPhone争奪戦の舞台裏 孫氏も世界の流れに勝てず KDDIには難路も
ジャーナリスト 石川 温

(1/4ページ)
2011/9/22 21:41
共有
保存
印刷
その他

 KDDI(au)が米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)「iPhone5」の取り扱いを始めることが明らかになった。世界的な人気機種のiPhoneだが、これまで日本ではソフトバンクが独占販売する半面、KDDIが長期間にわたってアップルと交渉してきた。

 アップルは「1国1キャリア(通信事業者)」でiPhoneビジネスを始めたが、より多くのユーザーを獲得し、米グーグルの基本ソフト(OS)「Android(アンドロイド)」を搭載する機種との競争を有利に進めるためにも、世界の大半の国で「マルチキャリア(複数の通信事業者)」対応に切り替えていた。アップルのスティーブ・ジョブズ氏との友好関係を強調するソフトバンクの孫正義社長も世界の趨勢にはあらがえず、今後、大幅な戦略修正は避けられない。また有力な端末を獲得するKDDIも通信品質を維持するため、インフラ投資の負担がかさむ可能性がある。そして残されたNTTドコモはどう動くのか――。

 「iPhone争奪」を巡る舞台裏を探った。

■「時間の問題」だった日本の独占販売終了

米国で購入したCDMA2000方式のiPhone4。ベライゾン・ワイヤレスの電波を受信している
画像の拡大

米国で購入したCDMA2000方式のiPhone4。ベライゾン・ワイヤレスの電波を受信している

 KDDIはアップルとの交渉を強力に、かつ、慎重に進めてきた。相手は事前に内容が漏れることを極力嫌うアップル。情報の漏洩でアップルが機嫌を損ね、交渉に悪影響を及ぼす恐れがあるからだ。

 しかし、ソフトバンクによる日本国内でのiPhone独占販売が終わるのは、世界の動きから見て時間の問題とされていた。

 すでにiPhoneは世界のほとんどの国で複数の通信事業者が提供している。米国ではAT&Tに続き、今年2月にCDMA2000版を用意して、ベライゾン・ワイヤレスにも供給。今秋からは3番目のキャリアとしてスプリント・ネクステルからも発売される見込みだ。世界を見渡しても、1国1キャリア制度を維持しているのは日本くらいだ。

 ではアップルが日本でのiPhoneビジネスに満足していたかというと、そうではなかった。

 アップルは、日本で一向に改善されないソフトバンクモバイルの通信品質に首をかしげており、「通信品質の悪さがiPhoneのブランドイメージを引き下げているのでは」とさえ感じていた。KDDIと組むことで、「つながりやすい」「切れにくい」といった良質なネットワークの上でiPhoneのシェアをさらに拡大させたいと考えたとしてもおかしくない。

 この時期にアップルが日本でもマルチキャリア展開に踏み切った理由はいくつかある。1つ目は、10月にも予定されている新型機「iPhone5」の投入に合わせ、さらなる市場拡大を目指そうとしたこと。2つ目は、グーグルの「アンドロイド」搭載機種のシェアが急拡大していることへの危機感だろう。ドコモやKDDIがアンドロイド対応のスマホを積極的に売るのをけん制したいという意向も垣間見える。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

KDDIもiPhone販売、市場の反応は

ソフトバンク、「通話品質」が課題

米でもiPhone争奪戦


【PR】

モバイルの達人 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

家庭向けIoTの一例。子どもが帰宅すると、スマートフォンに通知される

KDDIや東電参入 家庭用IoT、使ってみると楽じゃない [有料会員限定]

 ここ数年、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」という言葉がブームである。猫もしゃくしも「IoT、IoT」と連呼している。この7月にはKDDIが家庭向けのIoTサービス「auホーム」を提供開始。8…続き (8/16)

ソラコム 代表取締役の玉川憲社長

ソラコム買収でわかったKDDI「5GよりIoT」の真意 [有料会員限定]

 KDDIは2017年8月2日、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」で実績のある通信ベンチャー企業であるソラコム(東京・世田谷)を子会社にすると発表した。1日に同社の発行済み株式を取得する株式譲渡…続き (8/3)

米アップルの背中見えた 華為、日本の携帯大手に攻勢 [有料会員限定]

 中国のスマートフォン(スマホ)メーカー、華為技術(ファーウェイ)の勢いが止まらない。世界的に見てもスマホ市場の頭打ち感が広がるなか、急成長を続けている。日本市場でも格安スマホ市場で認知度を高めてきた…続き (7/31)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月18日(金)

  • IDC、世界のAR/VR関連市場の予測を発表―2021年まで年率100%以上で成長
  • ソフトバンクが10億ドル超を投じる「製薬ヴェンチャー」の正体
  • 中国が「AI超大国」になる動きは、もはや誰にも止められない

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月18日付

2017年8月18日付

・リオ・ティント、リチウム生産へ前進
・集中力測る眼鏡型端末、ジンズがeスポーツで需要開拓
・東芝ライフ、美的傘下に入り1年 2017年通期黒字化に自信
・物流倉庫利用しやすく、VBが新サービス 小規模・短期間でも仲介
・内装材、美をリアルに アイカ工業…続き

[PR]

関連媒体サイト