日本経済新聞

10月31日(金曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

暮らしの知恵

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

たとえ「9月入学」導入しても… 大学国際化を阻む壁

(1/4ページ)
2011/7/19 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 「東京大学が9月入学への移行の検討を開始」 長い間、9月入学は大学のグローバル化・競争力向上の「切り札」といわれ、その実現に大きな期待が寄せられている。しかし、9月入学の実現は本当に大学の国際化を加速させ、学生にもメリットのあるものとなるのだろうか。そこには大きな壁があった。

■英語で講義ができない教員たち

 「えーと、この単語は何と言うんでしたっけ……」。40代後半の教員が英語で講義する授業。電子辞書を引き、授業が中断する回数は90分の授業で5回以上にもなる。それでも単語がわからないときは、前列に座る留学生に質問をする。「ジェイムズ、この単語は何と言えばいいのかな?」

 早稲田大学国際教養学部3年のAさん(女性)が昨年履修した授業の一場面だ。Aさんは3歳からアメリカで育ち大学への進学を機に日本へ戻った帰国子女。9月入学の制度を利用し、ほぼ全ての授業が英語で行われる早大国際教養学部へ進学した。Aさんは「正直あきれた。英語で講義ができない日本人の先生がいることは不満。留学生や帰国子女の友達と情報交換をして、英語ができる先生の授業をとるようにしている」とうちあける。

 同学部4年で海外から9月入学を利用して入学した帰国子女のBさん(男性)も「日本語と英語を交ぜながら講義する先生がいる。帰国子女の僕ならなんとか内容を理解できるけれど、留学生はわからないのではないか」と話す。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

ギャップイヤー、東京大学

東大、秋入学への移行検討

変わる採用

【PR】

【PR】

暮らしの知恵 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

片方の手でドアノブをおさえ、女性を案内する

レディーファーストのマナー 臨機応変に対応

 グローバル化が進む中、欧米などの外国人と接するときのマナーとして心得ておきたいのがレディーファーストだ。日本人の間でも、男女のコミュニケーションをよくする潤滑油となる。移動中やレストランに入る際など…続き (10/30)

生活評論家の沖幸子(おき・さちこ)さん 兵庫県出身。神戸大卒、68歳。全日本空輸やライオンを経て1987年に家事代行会社フラオグルッペを創業。「毎日が輝く、ものと私の“いい関係”」(KADOKAWA)など著書多数。

掃除の達人に聞く 「汚れる前に一拭き」で心軽く [有料会員限定]

 仕事や育児に忙しく、家の掃除や片付けに手が回らない。後回しにするうちに手のつけようがなくなる家庭は少なくないようだ。家事代行会社フラオグルッペ(東京・渋谷)の社長で生活評論家の沖幸子さんも、かつては…続き (10/29)

干してたたくだけでは逆効果 布団ダニの退治法

 夏の間に繁殖するダニ。刺されたことはないが、日本国内ならどの家にもいるらしい。学校などで使われている測定キットを利用して、一般的な手入れで布団などに潜むダニを取り除く効率的な方法を探った。
 まずは敵…続き (10/24)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について