日本経済新聞

10月23日(木曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

暮らしの知恵

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

たとえ「9月入学」導入しても… 大学国際化を阻む壁

(1/4ページ)
2011/7/19 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 「東京大学が9月入学への移行の検討を開始」 長い間、9月入学は大学のグローバル化・競争力向上の「切り札」といわれ、その実現に大きな期待が寄せられている。しかし、9月入学の実現は本当に大学の国際化を加速させ、学生にもメリットのあるものとなるのだろうか。そこには大きな壁があった。

■英語で講義ができない教員たち

 「えーと、この単語は何と言うんでしたっけ……」。40代後半の教員が英語で講義する授業。電子辞書を引き、授業が中断する回数は90分の授業で5回以上にもなる。それでも単語がわからないときは、前列に座る留学生に質問をする。「ジェイムズ、この単語は何と言えばいいのかな?」

 早稲田大学国際教養学部3年のAさん(女性)が昨年履修した授業の一場面だ。Aさんは3歳からアメリカで育ち大学への進学を機に日本へ戻った帰国子女。9月入学の制度を利用し、ほぼ全ての授業が英語で行われる早大国際教養学部へ進学した。Aさんは「正直あきれた。英語で講義ができない日本人の先生がいることは不満。留学生や帰国子女の友達と情報交換をして、英語ができる先生の授業をとるようにしている」とうちあける。

 同学部4年で海外から9月入学を利用して入学した帰国子女のBさん(男性)も「日本語と英語を交ぜながら講義する先生がいる。帰国子女の僕ならなんとか内容を理解できるけれど、留学生はわからないのではないか」と話す。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

ギャップイヤー、東京大学

東大、秋入学への移行検討

変わる採用

【PR】

【PR】

暮らしの知恵 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

上部の開いたバッグなら名刺入れを取り出しやすい

仕事のパーティー、上手に会話に入る心得

 ビジネスで取引先などの立食パーティーに参加したものの、気後れしてうまく会話に入れなかった経験はないだろうか。パーティーは人脈を広げたり、ビジネスにつながるきっかけをつかんだりする絶好の機会でもある。…続き (10/23)

昔できた逆上がりに再挑戦 39歳記者の奮闘1カ月

 夏のある日、逆上がりができない小学生の息子に手本を見せようと記者(39)は勇んで鉄棒へ向かったが、ぶざまに失敗した。昔は難なくできたはずだが、思った以上に体は衰えていた。40代が目前となったいま、ト…続き (10/17)

夕食作り15分 共働きに笑顔 時短調理の達人に学ぶ [有料会員限定]

 家族の食事は手作りしたいけれど時間がない。共働き夫婦はこんな悩みを抱えることが少なくない。料理研究家の田内しょうこさんも、かつてその一人だった。2人の子を育てながら編み出したのは、夕食の一汁二菜を1…続き (10/15)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について