日本経済新聞

12月20日(土曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

暮らしの知恵

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

たとえ「9月入学」導入しても… 大学国際化を阻む壁

(1/4ページ)
2011/7/19 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 「東京大学が9月入学への移行の検討を開始」 長い間、9月入学は大学のグローバル化・競争力向上の「切り札」といわれ、その実現に大きな期待が寄せられている。しかし、9月入学の実現は本当に大学の国際化を加速させ、学生にもメリットのあるものとなるのだろうか。そこには大きな壁があった。

■英語で講義ができない教員たち

 「えーと、この単語は何と言うんでしたっけ……」。40代後半の教員が英語で講義する授業。電子辞書を引き、授業が中断する回数は90分の授業で5回以上にもなる。それでも単語がわからないときは、前列に座る留学生に質問をする。「ジェイムズ、この単語は何と言えばいいのかな?」

 早稲田大学国際教養学部3年のAさん(女性)が昨年履修した授業の一場面だ。Aさんは3歳からアメリカで育ち大学への進学を機に日本へ戻った帰国子女。9月入学の制度を利用し、ほぼ全ての授業が英語で行われる早大国際教養学部へ進学した。Aさんは「正直あきれた。英語で講義ができない日本人の先生がいることは不満。留学生や帰国子女の友達と情報交換をして、英語ができる先生の授業をとるようにしている」とうちあける。

 同学部4年で海外から9月入学を利用して入学した帰国子女のBさん(男性)も「日本語と英語を交ぜながら講義する先生がいる。帰国子女の僕ならなんとか内容を理解できるけれど、留学生はわからないのではないか」と話す。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

ギャップイヤー、東京大学

東大、秋入学への移行検討

変わる採用

【PR】

【PR】

暮らしの知恵 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

進化するリサイクル ごみからヒット商品も

 ごみとして捨てられる素材をリサイクルするだけでなく、より価値を高めて活用する取り組みは「アップサイクル」と呼ばれる。素材の特性を生かすことで、ごみをヒット商品に変えるかもしれない。そんなアップサイク…続き (12/20)

冷蔵庫の野菜室、鮮度保持の実力は 4機種で比較

 冷蔵庫が巨大化している。最新機種ではついに700リットル超えが登場。買い物は週一で十分事足りそうな勢いだ。その分、冷蔵庫の鮮度保持力も進化している。特に目立つのが野菜室、それにチルド・パーシャル室だ…続き (12/19)

節度を守って交流を深めたい

連夜の酒宴、乗り切り術 適量で食べながら心がけ

 12月も半ば。取引先や上司、同僚などとの宴会やパーティーが続く人も少なくないだろう。1年の締めくくりだからこそ「二日酔いでつらい」「食べすぎで気分がすぐれない」といった事態は避けたい。忘年会シーズン…続き (12/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について