インフラ事業者を悩ます料金のバランス 無線LANの逆襲(3)
編集委員 松本敏明

(1/2ページ)
2010/4/7付
共有
保存
印刷
その他

 「関西は、無線LANでは特別な地域になるかもしれない」――。関西電力系の通信会社ケイ・オプティコムの久保忠敏常務はこう語る。同社は3月1日、関西一円で公衆無線LANサービス「eoモバイル Wi-Fiスポット」を開始した。同社の光ファイバーサービス「eo光ネット」の契約者は月額315円で利用できる。

関西が日本有数の無線LANエリアに

 サービス開始直後の基地局数は2000だが、2010年度末までに1万に、数年以内に約3万まで拡大する計画だ。有料の公衆無線LAN事業者としては国内最大規模となり、関西地区に日本有数の高密度な公衆無線LANインフラができあがる。

 このインフラ投資で狙うのは、「ユーザーの生活動線をカバーすること。バス停に行くと必ず無線LANを使えるといったサービスにしたい」(久保常務)。電柱と電柱に渡した吊り線に基地局を置き、駅やコンビニエンスストア、ガソリンスタンドなどで無線LANを使えるようにする。

 企業をターゲットとしたビジネスモデルも視野に入れる。例えば、自動販売機やコインパーキングを遠隔監視したり、デジタルサイネージ(電子看板)に最新情報を送り込んだりする手段として無線回線を使う。関西電力が設置を始めているスマートメーター(次世代電力計)との接続についても「具体的ではないものの、話はしている」(久保常務)。

 ケイ・オプティコムは光ファイバーで関西地区2府4県にある約9割の世帯をカバーする。公衆無線LANの活用で初期投資と運用コストを抑えつつ、新サービスの追加でNTT西日本に対抗しようとしている。

設備運用コストに苦しむ事業者

 ただ、ケイ・オプティコムの手法は、ほかの事業者がおいそれとまねできるものではない。電柱間の吊り線は光ファイバー事業のために設置した自社設備であり、用地借用のコストがかからない。無線LAN基地局から先の固定回線も自社の光ファイバーなので通信費用が発生しない。

 一方、多くの公衆無線LAN事業者は、屋外にはもう積極的に基地局を拡大していない。かつて東京・山手線圏内の電柱などに無線LAN基地局を配備してきたライブドアは「屋外に基地局を打つのはほんのわずかな場合だけ」(ネットワーク事業部ネットソリューション部の増田順部長)という。東京・丸の内に公衆無線LANエリアを構築したワイヤ・アンド・ワイヤレス(東京・港)の高津智仁社長も「屋外に基地局を設置しようとしたが、電源の確保など膨大なコストがかかることがわかった」と振り返る。

 実際の工事費は場所によって異なるが「屋外だと20万~50万円。屋内でも5万~10万円はかかる」(ライブドアの増田部長)。基地局用機器も、耐水性が求められる屋外用は15万~20万円程度で、屋内向けの3倍ほどのコストがかかる。

 さらに、設備を置く場所の借用料や基地局までの通信費が毎月じわじわ効いてくる。「5年間で数回しか使われないような基地局がある一方で、大学の図書室のように100人規模で利用が見込める場所もある」(ライブドアの増田部長)。こうした理由からほとんどの事業者が「今後基地局を展開するなら採算が合うところ」と口をそろえる。

 例えば09年3月にサービスが始まった新幹線「N700系」や高速バス、地下鉄の駅といった交通機関、大学などの教育機関がそうだ。丸の内や横浜といったオフィス街や繁華街、ファストフード店や喫茶店などユーザー層と利用シーンが想定される場所に限定して基地局を設置する傾向が強まっている。

国内の主な公衆無線LAN事業者の基地局数とユーザー数
事業者名主なサービス名基地局数(カッコ内は自社設備)ユーザー数備考(APは基地局の略)
FREESPOT協議会FREESPOT *1713324万5503(10年3月)店舗オーナーなどが設置したAPを無料で開放
フォン・ジャパンFON *19万188818万5303(10年3月末)同社APを設置したユーザー同士が相互利用
KDDIau one net 公衆無線LANサービス約4000(0)非公開BBモバイルポイントのAPを活用
NTTコミュニケーションズホットスポット8000以上 *2(非公開)10万(09年12月末)2月にOCNユーザーに対し料金を大幅値下げ
NTTドコモMzone約6800 *2(874)非公開東京メトロの駅構内などにAPを設置運営
NTT西日本フレッツ・スポット4349 *2(非公開)2万1723(10年2月末)
NTT東日本フレッツ・スポット4900 *2(非公開)5800(09年12月末)尚美学園大学などの教育機関へ展開
ケイ・オプティコムeoモバイル Wi-Fiスポット約2000(約2000)非公開11年3月末に1万AP、数年先に3万APを計画
ソフトバンクテレコムBBモバイルポイント約4200(約3900)非公開国内22社にローミングサービスを提供
トリプレットゲートワイヤレスゲート6000(0)22万(10年2月末)10年度は20万ユーザー増を予定
ライブドアlivedoor Wireless約2300 *3(約2300)約2万(10年3月末)早稲田大学など教育機関へ展開
ワイヤ・アンド・ワイヤレスWi2 3007000(約1000)非公開京王電鉄バスなど交通機関へ展開

*1 ユーザーから利用料を徴収しない無料モデル
*2 一部はNTTブロードバンドプラットフォームの設備を利用。同社は約8000のAPを所有する
*3 一部他社の設備を利用

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:30
関西 6:02
6:00
中国 6:32
6:28
四国 6:32
6:25
九州
沖縄
1:31
28日 22:41

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報