未来技術2020(4)がん・認知症超早期診断 血液検査で兆候を把握

2016/1/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 少量の血液を調べることでがんを超早期に発見し、アルツハイマー病を発症前に診断する――。こんな新技術の登場が間近だ。定期健診や人間ドックで初期のがんや認知症の兆候をとらえ、早期治療や発症予防で先手を打つことが可能になる。

 「乳がんや大腸がんなど約10種類のがんで血液から早期・確実に診断できるメドがたった。近く体外診断の臨床試験を始める」。国立がん研究センターの落谷孝広・分子細胞治療研究分野主任分野…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

がんエクソソーム腫瘍マーカー早期診断AMED

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 12:45
9:05
北陸 7:02
7:01
関西 6:05
6:00
中国 7:00
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
12:11
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報