究極のエンジン動け
環境性能 EVと競争激化

2017/7/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 内燃機関(エンジン)は自動車の心臓部だ。現在、環境性能が非常に高い「究極のエンジン」の研究開発が、自動車メーカー9社と全国の大学などのオールジャパン体制で進んでいる。海外では、フランスと英国が2040年までに自国内でガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針を公表。モーターで動く電気自動車(EV)などへ移行が加速するとみられる中、研究者らは今後もエンジンを主役とするべく、技術革新に挑んでいる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 19:33
16:00
北陸 6:02
6:00
関西 6:00
5:59
中国 7:01
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報