首相の「20年改憲」目標 自民・下村氏「十分に可能」/民進・公明「年限区切らず」

2017/5/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 自民党の下村博文幹事長代行は14日のNHK番組で、安倍晋三首相が示した2020年の新憲法施行の目標について「3年後というのは十分可能だ」との認識を示した。「自衛隊の明記と高等教育の無償化は他党も十分議論に乗ってもらえる」と述べた。一方、民進党の福山哲郎幹事長代理は「行政府の長が年限を区切るのはやり過ぎの感が否めない」と批判した。

 公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は「期限を区切らず合意を図ることが、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

政府下村博文安倍晋三馬場伸幸福山哲郎斉藤鉄夫自民党

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:00
12:04
北陸 6:32
6:25
関西 12:50
6:30
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:00
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報