アパレル再生、在庫改革に活路 カート・サーモン マネジング・ディレクター 河合拓

2017/4/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 服が売れない、とアパレル業界で危機感が募っている。各社から「海外のデザイナーと組もう」「メードインジャパンをブランド化しよう」といった解決策が聞こえるが、本質的な解決につながっているとは言い難い。アパレルや流通のコンサルタントとして提言したいのは、従来の在庫適正化とは異なる抜本的な「在庫の極小化」だ。

 在庫極小化とはつまり、注文を受けてからの生産だ。一般的にアパレル商品の生産には最低2~3カ月か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

私見卓見河合拓アパレルデザイナー

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:00
6:00
中国 6:00
5:59
四国 6:00
5:58
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報