林業、担い手の減少続く 行政主導の保全 財源課題

2017/4/14付
情報元
日本経済新聞 地域経済
共有
保存
その他

 2015年の国勢調査によると、全国の林業従事者は1990年の10万人から15年には4万8000人に半減した。担い手の減少傾向に歯止めがかからない中で、行政主導による公有林の保全活動は土砂災害対策や二酸化炭素(CO2)の排出抑制の面からも重要性が増している。

 森林保全のための財源確保も課題だ。埼玉県は08年4月に自動車税の一部を森林保全などの財源にする「彩の国みどりの基金」を創設。自動車1台当たり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

埼玉県

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:01
東北 22日 7:00
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:00
22日 7:00
東海 4:00
0:00
北陸 22日 7:00
22日 7:00
関西 22日 7:01
22日 7:01
中国 22日 7:00
22日 7:00
四国 22日 7:01
22日 7:00
九州
沖縄
6:00
22日 8:07

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報