がん再発の「犯人」を探せ 国立がん研究センター主任分野長 落谷孝広氏

2017/4/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 がんは手術で取り切ったように見えても、残っていることがある。目に見えない微小ながんが再び大きくなったり、最初にできた場所とは違うところに移ったりして再発すると生存率に影響する。国立がん研究センターの落谷孝広主任分野長は、「再発や転移のメカニズムを解明し、がん患者が本来の寿命をまっとうできるようにしたい」と話す。

 

 最近、がん細胞が放出する直径100ナノ(ナノは10億分の1)メートルのエクソソーム…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 18:07
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 15:14
12:29
北陸 7:01
7:00
関西 7:00
6:59
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
13:25更新
6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報