霞が関ファイル運用にこそ目利き力を 金融庁、地銀検査の真意

2017/3/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
その他

 銀行に担保に過度に依存しない融資を促している金融庁。取引先企業の事業内容や将来性に目利き力を発揮してお金を貸し出すという銀行本来の役割を果たすように求めている。もっとも目利き力が必要なのは、日銀のマイナス金利政策導入で急速に環境が悪化する運用分野でも同じだ。

 「自分で瞬時に時価評価できないものを買い、本当にリスク管理ができているのか疑問だった」。9日の参院財政金融委員会。米大手銀行での勤務経験が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

関連キーワードで検索

平木大作遠藤俊英日本銀行金融庁

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 14:30
7:05
北陸 6:00
6:00
関西 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報