やさしい経済学公的年金の保険原理を考える(2)長寿の貧困リスクをカバー 大妻女子大学短期大学部教授 玉木伸介

2017/2/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 前回、公的年金保険は長生きというリスクが顕在化したら年金給付という名の保険金が支払われる保険だと説明しました。なぜ長生きがリスクかといえば、あまりに長生きすれば生活費がかかり、貯蓄が底をついて路頭に迷うからです。つまり貧困のリスクです。

 公的年金保険制度がない社会を考えてみましょう。高齢になれば、若い頃のようには働けなくなり、勤労所得はなくなります。公的年金保険がなければ、若いうちに老後に備えた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 11:22
7:00
東海 14:45
7:05
北陸 7:01
7:01
関西 6:00
6:00
中国 6:32
6:25
四国 6:32
6:25
九州
沖縄
21:06
21:04

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報