「同一賃金」指針案どうみる 非正規の技能向上を阻害も
労使協議で処遇改善が筋 安藤至大 日本大学准教授

2017/1/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 働き方改革の中心的課題として、同一労働同一賃金の実現が注目されている。昨年12月には「同一労働同一賃金ガイドライン案」が公表された。

 ガイドライン案は、正規と非正規の間にある基本給・手当・福利厚生などの差に関して「典型的な事例として整理できるものについては、問題とならない例・問題となる例」を示した。そして「具体例として整理されていない事例については、各社の労使で個別具体の事情に応じて議論していく…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 7:00
6:59
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
10:45更新
6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報