三菱ケミカル、経営管理に投資効率 ROIC導入、事業撤退判断も

2017/1/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
その他

 三菱ケミカルホールディングスは4月から投資効率を示すROIC(投下資本利益率)を経営管理の指標に導入する。事業部門ごとに目標値を定め、最低限の基準値を下回り続けたら事業撤退を検討する。不採算部門の整理や立て直しが進み利益水準が安定してきた。事業分野が多岐にわたるため各部横断の経営指標を採用し、資本効率を意識した経営を進める。

 ROICは30ほどある事業ユニットごとに算出する。目標値はフィルムなど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 24日 7:01
24日 7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:00
6:00
関西 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報