年収増えれば社会保険料発生… パートの妻「壁」超える利点
世帯手取り減、年金増で取り戻し

2017/1/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
その他

 2018年から配偶者控除などを満額受けられる年収の上限が事実上、現在の103万円から150万円に上がる。しかし106万円や130万円では社会保険料の発生で手取りが大きく減る「壁」が残る。多くのパートは壁を超えないよう仕事を調整し続けるとの見方は少なくないが、壁を超えて働くメリットに注目してみよう。

 現在はパート主婦の年収が103万円までなら、夫は38万円の配偶者控除を受けられる。これを超えたとき…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:04
北陸 6:32
6:28
近畿 6:00
6:00
中国 6:31
6:28
四国 6:32
6:25
九州
沖縄
2:00
1:32

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報