部下の労働負荷、上司に把握責任

2016/12/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 安藤至大・日本大准教授(労働経済学) 電通を特別視するのではなく、部下の労働負荷を把握できない上司はどの企業でも責任を問われる可能性があると認識すべきだ。経営トップも、労務トラブルは社会的信用を損ない、経営を揺るがすリスクがあると…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

電通日本大学

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 12:29
7:05
北陸 7:01
7:00
関西 7:00
6:59
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
11:56更新
6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報