資産全体で適正配分を  投資教育家 岡本和久さん

2016/12/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 資産配分(アセット・アロケーション)は個人型DCの中だけではなく、課税口座も含めた全体で適正になるよう考えることが大事です。例えば株式と債券の2種類の運用を考えます。若い年齢では相対的にリスク許容度が高いので、例えば日本株インデックス投信と日本以外の世界株インデックス投信を合わせて8割で、債券型投信などが2割という配分にします。年齢が上がるにつれて、値…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップ

関連キーワードで検索

解決!お金ゼミ岡本和久投資信託

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 29日 7:01
29日 7:00
東北 29日 7:01
29日 7:00
関東 29日 7:01
29日 7:01
東京 29日 7:00
29日 7:00
信越 29日 7:00
29日 7:00
東海 2:00
1:31
北陸 29日 6:32
29日 6:30
関西 29日 6:02
29日 6:00
中国 29日 6:32
29日 6:28
四国 29日 6:32
29日 6:25
九州
沖縄
29日 1:31
28日 22:41

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報