京大 ムカデの俊敏さロボットで解明

2016/7/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 ■京都大学 青井伸也講師らはムカデが素早く方向転換する仕組みを解明した。ムカデを模したロボットを作り実験した=写真。関節のバネを軟らかくして不安定にすると、旋回時間が約半分になった。青井講師は「不安定さをうまく利用し、優れた運動機能を発揮している」と話す。

 ムカデ型ロボットは全長1.35メートル。6つの体節を連ね、12足ある。隣り合う体節を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

青井伸也ロボットムカデ京都大学

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 15:35
7:05
北陸 6:05
6:00
関西 6:05
6:02
中国 5:55
5:50
四国 6:05
6:03
九州
沖縄
6:02
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報