ヘリコプターマネーの是非(上)日銀の財政資金供給 不可避
規律ある枠組みで実行を アデア・ターナー 元英金融サービス機構(FSA)長官

2016/6/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 日本では公的債務の一部の「マネタイゼーション(財政ファイナンス)」がもはや避けられない状況だ。マネタイゼーションとは、中央銀行が通貨を増発し、過去または将来の財政赤字を実質的に賄うことである。ただし野放図に行うのは危険だ。あくまで規律ある政策の枠組みの中で実行する必要がある。

 日銀が「量的・質的金融緩和(QQE)」を開始して3年がたつが、日本がデフレ懸念から解放されたとはいい難い。4月の生鮮食品…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップ

関連キーワードで検索

マネタイゼーション日銀QQEエネルギーIMF銀行

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:00
東北 22日 7:00
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:01
22日 7:01
東海 2:00
2:00
北陸 22日 7:01
22日 7:00
関西 2:30
1:17
中国 22日 6:02
22日 6:01
四国 22日 6:02
22日 6:01
九州
沖縄
2:03
2:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報