米マクドナルド、中国事業2300億円で売却 CITICなどに

2016/12/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
その他

 米マクドナルドは中国事業を中国の国有複合企業、中国中信集団(CITIC)と米投資ファンドのカーライル・グループの連合に売却する方針を固めた。対象は中国と香港に保有する店舗で売却額は20億ドル(約2300億円)を超えるとみられる。マクドナルドは業績が頭打ちとなっており世界でリストラを進めている。競争が激化している中国事業の売却で収益基盤を立て直す。

 年明けにも発表する見通しだ。複数の投資ファンドが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《初割》実施中!日経電子版が2月末まで無料!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 24日 7:01
24日 7:00
東北 24日 7:01
24日 7:00
関東 24日 7:01
24日 7:01
東京 24日 21:25
24日 7:00
信越 24日 7:00
24日 7:00
東海 2:00
2:00
北陸 24日 6:05
24日 6:00
近畿 2:00
2:00
中国 24日 6:00
24日 6:00
四国 24日 6:00
24日 6:00
九州
沖縄
2:02
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報