民法改正案が可決 債権分野を抜本見直し 衆院委

2017/4/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 衆院法務委員会は12日、企業や消費者の契約ルールを定める債権関係規定(債権法)に関する民法改正案を自民、公明、共産各党と日本維新の会の賛成多数で可決した。今国会で成立する公算。金銭賃借の当事者が利息を定めていない場合に適用する「法定利率」の引き下げなどが柱。時代の変化に合わせ、消費者保護にも軸足を置いた。

 債権分野の抜本改正は民法制定以来、約120…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 24日 7:01
24日 7:00
東北 24日 7:01
24日 7:00
関東 24日 7:01
24日 7:01
東京 24日 7:00
24日 7:00
信越 24日 7:00
24日 7:00
東海 1:30
25日 23:02
北陸 24日 6:05
24日 6:00
関西 24日 6:05
24日 6:02
中国 24日 5:55
24日 5:50
四国 24日 6:05
24日 6:03
九州
沖縄
25日 1:27
24日 6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報