植田紳爾(1)宝塚のテーゼ 「清く正しく美しく」貫く 焼け跡で見た夢 作品に託し

2014/10/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 宝塚歌劇団は今年、100周年を迎えた。入団は宝塚音楽学校の卒業生に限り、未婚女性しか在籍を認めない方針を取ってきた。その異色の劇団が1世紀の時を刻めたのは、劇団のテーゼ「清く正しく美しく」が色あせること無く、人を惹(ひ)きつける力を持ち続けてきたからだろう。

 私もテーゼを具現化した歌劇団の舞台に惹かれた一人だ。終戦翌年の1946年、宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)の再開公演で、戦争の惨禍をひととき忘れ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:30
関西 6:01
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
6:00
20日 21:59

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報