イモリはなぜ、再生できる? 細胞が「多能性」に変化

2014/9/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 池や水田などにすむイモリは優れた再生能力を持つ。手足やしっぽを切っても生え替わるし、目のレンズ(水晶体)や網膜が傷ついても元通りになる。だが、なぜ再生するのかは長い間、謎のままだった。最近、その一端が垣間見えてきた。

 脊椎動物のほとんどは、母親のおなかの中にいるときは、手が切れても生えてくるし、心臓が傷ついても修復する。だがおとなになると、再生しなくなる。ところが、イモリは子どものころからおとな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップ

関連キーワードで検索

細胞多能性ナゾ謎かがく

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:00
東北 22日 7:00
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:01
22日 7:01
東海 2:00
1:55
北陸 22日 7:01
22日 7:00
関西 1:43
22日 6:29
中国 22日 6:02
22日 6:01
四国 22日 6:02
22日 6:01
九州
沖縄
22日 16:04
22日 2:05

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報