消費者物価、過信は禁物
D・ワインシュタイン コロンビア大学教授 渡辺努 東京大学教授

2013/12/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

<ポイント>
○物価上昇率ゼロに近いと誤差の影響深刻
○物価指数の僅かな変化で政策変更は危険
○CPI以外の変数に政策リンクも検討を

 日銀は今年4月、新体制の下で、消費者物価指数(CPI)上昇率の目標値2%を2年間で実現することにコミット(約束)した。しかし内外の予測機関の見通しをみると、2015年までの上昇率は消費税増税分を除けば1%程度との見方が多い。

 我々は、先進国の多くが2%程度の物価目標を掲げ…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
9/01 大引
18,165.69 -724.79 -3.84%
NYダウ(ドル)
9/01 11:52
16,200.66 -327.37 -1.98%
ドル(円)
9/02 0:47
120.01-04 -0.04円高 -0.03%
ユーロ(円)
9/02 0:47
135.04-16 -0.86円高 -0.63%
長期金利(%)
9/01 17:20
0.360 -0.015
NY原油(ドル)
8/31 終値
49.20 +3.98 +8.80%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報