(真相深層)中国無人機、緊張の種
尖閣周辺へ投入、撃墜は「戦争行為」 不測の事態 生みやすく

2013/11/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 沖縄県・尖閣諸島の周辺海域に中国が無人航空機を投入し始めた。10月には中国が無人機の撃墜は「重大な挑発で、戦争行為だ」と宣言。日中の新たな火種となりかねない。米中などが開発を競う無人機だが、戦争や紛争を招く「きっかけ」を生みやすく、ひとつ間違えば、無用に緊張を高める存在ともなる。…

関連キーワード

戦争行為、中国、無人機緊張、真相深層

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
9/02 大引
18,095.40 -70.29 -0.39%
NYダウ(ドル)
9/01 16:35
16,058.35 -469.68 -2.84%
ドル(円)
9/02 17:09
119.94-96 -0.11円高 -0.09%
ユーロ(円)
9/02 17:09
135.19-22 -0.71円高 -0.52%
長期金利(%)
9/02 16:32
0.395 +0.010
NY原油(ドル)
9/01 終値
45.41 -3.79 -7.70%

アクセスランキング 9/2 17:00 更新

1.
中国3.6兆ドルの外準マネーは張り子の虎か [有料会員限定]
2.
株、「恐怖指数」ETF活況が映す投資家心理 [有料会員限定]
3.
子会社社長に新卒若手を起用するメリット [有料会員限定]

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報