ノーベル経済学賞にロス氏とシャプレー氏
「望ましい組み合わせ」実現 小島武仁 スタンフォード大学助教授
数学理論、現実に応用 研修医配属、臓器移植など

(1/3ページ)
2012/10/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

<ポイント>
○経済制度を所与とせず設計すること目指す
○安定マッチング作れない仕組み長続きせず
○米国の多くの都市で学校選択制度にも応用

 2012年のノーベル経済学賞は米ハーバード大学のアルビン・ロス教授と米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のロイド・シャプレー名誉教授に贈られる。授賞理由の「マッチング(組み合わせ)理論」とその応用分野である「マーケットデザイン」は、まさに経済学の考え方を刷新した。

 マ…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/03 前引
20,431.25 -91.25 -0.44%
NYダウ(ドル)
7/02 17:20
17,730.11 -27.80 -0.16%
ドル(円)
7/03 11:15
122.99-02 -0.49円高 -0.40%
ユーロ(円)
7/03 11:15
136.40-44 -0.15円高 -0.11%
長期金利(%)
7/03 10:58
0.490 -0.020
NY原油(ドル)
7/02 終値
56.93 -0.03 -0.05%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報