京大、男性不妊の一因発見 マウス実験で確認

2011/11/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 京都大学の中馬新一郎准教授らや米マウントサイナイ医科大学は、動く遺伝子と呼ばれる「トランスポゾン」が不妊に関わっていることを見つけた。トランスポゾンの働きを抑える仕組みが乱れると、精子ができなくなることをマウス実験で確かめた。ヒトの男性不妊でも同じ現象が起きている可能性がある。成果は英科学誌ネイチャー(電子版)に28日掲載される。

 ヒトやマウスなどの遺伝子の本体であるゲノム(全遺伝情報)のうち、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
25日 7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:00
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:02
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
2:00
25日 21:39

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報